シネマ歌舞伎

あの名作歌舞伎をお近くの映画館で

作品一覧

〈第2弾〉
鷺娘/日高川入相花王(さぎむすめ/ひだかがわいりあいざくら)

『鷺娘』作品紹介

1978年に初めて「鷺娘」を演じた玉三郎は、1984年、世界的アーティストが顔を揃えたメトロポリタン・オペラハウスのガラコンサートで上演して大喝采を浴びました。その後もロンドン、ベルリン、ウイーンなど、芸術の都で次々と成功させ、いずれも高い評価を受けました。こうして国内外で上演を重ねる毎に、その圧倒的な美しさと完成度を高め、「鷺娘」は玉三郎の代表作の一つとなりました。

しんしんと雪が降る水辺の岸に、柳の木が一本立っています。その柳の傍らに、蛇の目傘をさした娘が佇んでいます。白無垢、綿帽子姿のその娘は、実は白鷺の精でした―

『日高川入相花王』作品紹介

人形浄瑠璃を歌舞伎舞踊化した「道成寺物」の作品で、人形振りでみせる趣向となっています。恋する安珍を追って日高川の渡し場にたどり着く清姫ですが、船頭は川を渡してくれません。安珍への嫉妬と恨みの激情を燃やす清姫はついに―。人形遣いを尾上菊之助が、船頭を坂東薪車が勤めます。

『鷺娘/日高川入相花王』予告動画

上映劇場・上映スケジュール

只今『鷺娘/日高川入相花王』の上映スケジュールは決まっておりません。

料金

一般・学生・小人:1,000円(税込)


※お得な特別鑑賞3枚セット券はご利用いただけません。
※特別興行につきサービスデー、レディースデーなど各種割引料金の設定はございません。
作品一覧へ
鷺娘/日高川入相花王
クリックすると拡大します
作品概要
  • 上演月:「鷺娘」2005年(平成17年)5月/「日高川入相花王」2005年(平成17年)10月
  • 上演劇場:歌舞伎座
  • シネマ歌舞伎公開日:2006年4月15日
  • 上映時間:61分
『鷺娘』配役
  • 鷺の精:坂東玉三郎
『日高川入相花王』配役
  • 清姫:坂東玉三郎
  • 人形遣い:尾上菊之助
  • 船頭:市川九團次

歌舞伎観劇手帖用のPDFはこちらからダウンロードの上、印刷してご使用ください。

ダウンロード


おススメ作品

人気舞踊作品の二本立て!

このページの先頭へ
  • ホーム
  • 上映劇場
  • 作品一覧
  • 予告動画
  • チケット料金
  • シネマ歌舞伎とは?
  • ニュース
  • 松竹
  • 歌舞伎美人
  • KABUKI Official website in English
  • MET ライブビューイング

当サイトに掲載されている画像及び文章の二次使用・無断転載を禁じます

Copyright © SHOCHIKU Co.,Ltd. All Rights Reserved.