シネマ歌舞伎

あの名作歌舞伎をお近くの映画館で

ニュース

【大阪】なんばパークスシネマにて《月イチ歌舞伎学園》開催!

上映情報

2016.07.12

チラシをダウンロード(表中裏面)

充実のラインナップ。歌舞伎の魅力、ここに極まれり!
今年も大阪・なんばパークスシネマにて、毎年好評の講演会付き上映「月イチ歌舞伎学園」を開催いたします。

「歌舞伎は観てみたいけど、どこが見どころなんだろう。」「歌舞伎のもっと面白い部分を探してみたい。」
そんな皆さま歌舞伎欲を満たす、講演会付上映。それが「月イチ歌舞伎学園」です。

シネマ歌舞伎の上映前に、毎回異なる先生に歌舞伎の面白さをレクチャーしていただきます。

なんとお値段は通常料金
講演会で芸の面白さを知り、スクリーンで歌舞伎をたっぷり味わう!笑って、知って、感動する、「月イチ歌舞伎学園」にぜひお越しください!


■会場:なんばパークスシネマ(TEL:06-6643-3215)


■チケット料金(税込)
一般:2100円  学生・小人:1500円 
お得な特別鑑賞3枚セット券:5400円がご利用いただけます。

■チケット発売
・なんばパークスシネマ インターネット販売
  SMT Members会員:各開催日の3日前の17:00より販売
  SMT Members非会員:各開催日の3日前の21:00より販売
  ※料金にはシネマ歌舞伎鑑賞料を含む。
  ※お得な特別鑑賞3枚セット券は2017年1月6日(金)まで販売。

 お申し込みはこちら

・なんばパークスシネマ 劇場窓口
  各開催日の2日前の劇場オープン時より販売
  ※オープン時間は時期により異なります。なんばパークスシネマのサイトでご確認ください。

イベント概要


上映作品: 野田版 研辰の討たれ
日程: 7月28日(木)12:30~
※イベントなしでの通常上映:7月23日(土)~7月29日(金)
講師:
坂東亜矢子 氏(演劇記者)
大阪市出身。大阪日日新聞社文化部勤務を経て、平成8年からフリーランスの演劇記者として活動。
現在、日本経済新聞、雑誌「演劇界」などに劇評や演劇に関する記事を執筆している。
片岡秀太郎の芸談本『上方のをんな』(アールズ出版)の構成を担当。


上映作品: 蜘蛛の拍子舞/身替座禅』〈二本立て上映〉
日程: 9月29日(木)12:40~
※イベントなしでの通常上映:9月24日(土)~9月30日(金)
講師:
関西・歌舞伎を愛する会 大向初音会
昭和 53 年結成。関西で歌舞伎を盛んにし、次代に伝えていく活動をするボランティア団体。毎年7月は、松竹座にて大歌舞伎公演が行われている。
大向初音会は、関西・歌舞伎を愛する会と大向う練習を定期的に行っており、一昨年より「大向う体験シネマ歌舞伎」を開催し好評、今回は5 回目となる。


上映作品: NEWシネマ歌舞伎 三人吉三
日程: 11月29日(火)12:40~
※イベントなしでの通常上映:11月26日(土)~12月2日(金)
講師:
海堀和夫 氏
歌舞伎鑑賞は、昭和22年、中学時代より関西歌舞伎を中心に鑑賞し、30代の頃より大向うを始め現在も続けている。関西・歌舞伎を愛する会の大向う勉強会の講師も勤める。
川島靖男 氏(関西・歌舞伎を愛する会事務局長)
関西で歌舞伎を育てる会を結成し事務局長に就任。その後、パナソニック映像株式会社代表取締役社長、大阪芸術大学短期大学部教授を歴任。


上映作品: 阿古屋』(新作)
日程: 2017年1月12日(木)12:30~
※イベントなしでの通常上映:2017年1月7日(土)~1月27日(金)
講師:
西村彰朗 氏(演劇評論家)
昭和14 年大阪・日本橋の生まれ。同39年同志社大学卒。同年京都新聞社入社。平成15年退職まで前後二回、通算7年演劇記者を担当する。
文化庁芸術祭企画委員、国立文楽劇場専門委員など歴任。著書に「一方の花―五代目上村吉弥の生涯」「風姿―能を見にいこう」。


上映作品: 女殺油地獄
日程: 2017年2月14日(火)12:40~
※イベントなしでの通常上映:2017年2月11日(土)~2月17日(金)
講師:
水田かや乃 氏(園田学園女子大学教授 近松研究所研究員)
早稲田大学大学院から同大演劇博物館助手を経て園田学園女子大学近松研究所。
江戸時代の歌舞伎劇評書「役者評判記」の研究がライフワーク。
近松門左衛門語り芝居の監修も担当。『近松門左衛門三百五十年』(共著、和泉書院)、『役者評判記の世界』(共著、近松研究所)ほか。


上映作品: 二人藤娘/日本振袖始』〈二本立て上映〉
日程: 2017年3月7日(火)12:20~
※イベントなしでの通常上映:2017年3月4日(土)~3月10日(金)
講師:
亀岡典子 氏(産経新聞 大阪本社文化部 編集委員)
昭和33 年、大阪生まれ。立教大学日本文学学科卒。 平成 2 年産経新聞社入社。
文化部で古典芸能から現代演劇まで主に演劇を担当。
平成 12 年 2 月から 14 年 1 月まで東京本社文化部に転勤 演劇担当として東京の演劇事情を取材し、現在に至る。著書に『文楽ざんまい』(淡交社)ほか。



ニュースカテゴリー

アーカイブ

  • シネマ歌舞伎は全国で順次上映をしています。お近くの映画館を探す、もしくはお好きな作品から検索してください!
  • 地域から上映劇場を探す
  • 作品から上映劇場を探す
  • 歌舞伎通も!初心者も! シネマ歌舞伎「虎の巻」
  • よくあるご質問
  • メルマガ会員募集中 登録はこちら
  • シネマ歌舞伎特性!歌舞伎観劇手帖
  • 特別鑑賞券がムビチケになります!

関連サイト

  • Froovie
  • シネマズ
このページの先頭へ
  • ホーム
  • 上映劇場
  • 作品一覧
  • 予告動画
  • チケット料金
  • シネマ歌舞伎とは?
  • ニュース
  • 松竹
  • 歌舞伎美人
  • KABUKI Official website in English
  • MET ライブビューイング

当サイトに掲載されている画像及び文章の二次使用・無断転載を禁じます

Copyright © SHOCHIKU Co.,Ltd. All Rights Reserved.