社長挨拶
松竹株式会社 代表取締役社長 迫本 淳一

当社は、1895年(明治28年)の創業以来、歌舞伎をはじめとする日本固有の伝統芸能に深く係わってまいりました。特に歌舞伎は、一私企業である当社が創業以来百十余年にわたり支え続けてまいりました。当社はこれからも、日本が世界に誇る伝統芸術である歌舞伎の継承と発展に努めてまいります。

一方で、当社は、映画事業についても、その草創期から関わってまいりました。日本初のトーキー映画やカラー映画の製作を手がけるなど、時代をいち早く察知し、常に新しいことに挑戦し続け、数々の名作、話題作を残してまいりました。

グローバル化がますます進み、マーケットが拡大している今、当社を取り巻く環境は変化の激しさを増しております。今後も、日本文化の伝統を継承・発展してまいるとともに、時代のニーズを的確にとらえた多様なコンテンツをお客さまにお届けできるよう、市況の変化に柔軟に対応できる収益基盤を確立してまいります。また、エンターテインメント企業として、日本にとどまらず、世界中のお客さまからご支持いただける企業を目指してまいります。

松竹というブランドに更に磨きをかけるべく、社員一丸となって新たな挑戦をしてまいりますので、皆様のご理解と温かいご支援をお願い申し上げます。

松竹株式会社 代表取締役社長 迫本 淳一