部門紹介

演劇本部伝統文化である歌舞伎を支え続ける。演劇ビジネスの新たな可能性への挑戦。

歌舞伎座、新橋演舞場、大阪松竹座、京都南座などの直営劇場や、地方巡業公演、海外公演などにおいて、歌舞伎の公演を行っています。また、歌舞伎以外にも幅広い分野の演劇作品の企画、製作、興行を手掛け、さらにシネマ歌舞伎の製作や演劇のアセットを活かした新規事業など、新たな取組みも積極的に行っています。

演劇本部について
映像本部映画を通して、世の中に「夢」と「感動」をお届けする。

映像ビジネスにおける、“川上から川下まで”を手掛けています。企画・製作から配給業務(営業・宣伝)、興行から2次利用を一貫して行い、世の中の流れをいち早くキャッチした映像作品を提供しています。また、これまで作り続けてきた多くの作品を現代に届けるビジネスや、映画館のデジタル上映設備を利用した“新しい試み”にも力を入れています。

映像本部について
事業本部映画・演劇の関連ビジネスの展開。

映画プログラム・キャラクターグッズの企画・制作や、映画・演劇に関わるイベントだけではなく、松竹の持つ幅広いフィールドを活かして、多岐に渡るビジネスを展開しています。また、各地に保有する不動産活用によって安定収益を得るとともに、施設の管理運営を行っています。

事業本部について
管理部門松竹の基盤を作り、松竹のエンタテインメントビジネスの舵取りをする。

当社の事業3本部をサポートし、企業の基盤となる部門です。経理・財務部、総務部、人事部、経営企画部などがあり、松竹を支え、これから会社が進むべき道を決める要となります。


管理部門について