田中絹代 生誕100年オフィシャルサイト

田中絹代プロフィール

映画女優 田中絹代(1909年~77年)

下関の名門廻船問屋の家系の生まれ。幼少時に父を失い、移住先の大阪で入門した琵琶少女歌劇団で芸才を発揮。14才で映画界に入ると清純派スターとして人気急上昇、早々に松竹の看板女優となる。代表作『彼と田園』(28年)、『マダムと女房』(31年)、『伊豆の踊子』(33年)、『春琴抄・お琴と佐助』(35年)、『浪花女』(40年)のほか、空前のヒット作『愛染かつら』(38年)は今も語り草。戦後47、48年に『不死鳥』『夜の女たち』他が評価され、新設の毎日映画コンクールで連年女優賞を獲得、翌49年占領下の日本から日米親善芸術使節として渡米するなど大きな話題となった。

その後も小津安二郎(『宗方姉妹』(50年)、『彼岸花』(58年))、溝口健二(『西鶴一代女』(52年)、『雨月物語』(53年))、成瀬巳喜男(『銀座化粧』(51年)、『流れる』(56年))、木下惠介(『楢山節考』(58年))など巨匠監督に迎えられ、数々の芸術性の高い名作に出演、晩年には『三婆』『サンダカン八番娼館・望郷』(ともに74年)で、老いの人生を臆せず演じきってベルリン国際映画祭では最優秀女優賞に輝いた。一方、日本最初の女優監督として『恋文』(53年)、『月は上りぬ』(55年)など6本もの作品を手がけたことは、国際的にも高い評価を受けている。

このページの先頭へ