田中絹代生誕100年 特別企画 絹(シルク)ロード

東銀座・東劇から、京橋・フィルムセンターへ。銀座・日比谷を歩きながら、絹代所縁の老舗を訪ねる道 “絹(シルク)ロード”

田中絹代は、帝国ホテルに長期滞在していたこともあり、銀座・日比谷をこよなく愛し、街を彩るお店とも数々のエピソードを残しています。田中絹代は生誕100年ですが、各店とも100年を超える歴史をもつ老舗の名店ばかり。2009年11月21日(土)~11月29日(土)まで、東銀座・東劇にて絹代作品をはじめとする上映企画「ニッポン★モダン1930」が行われ、京橋の東京国立近代美術館フィルムセンターでは絹代作品の大規模上映が開催されました。この2館で絹代作品を味わいながら、銀座・日比谷を歩き、立ち寄ってみられた方もいらっしゃったのではないでしょうか。

絹ロード マップ

東劇

第10回東京フィルメックス「ニッポン★モダン1930 ~もうひとつの映画黄金期~」
【上映期間】2009年11月21日(土)~11月29日(日) ※上映は終了いたしました。

東京国立近代美術館フィルムセンター

「生誕百年 映画女優 田中絹代」
【上映期間】2009年10月6日(火)~12月27日(日) ※毎週月曜日(休館日)及び10月24日(土)を除く ※上映は終了いたしました。

おいでませ山口館

山口県下関市出身の田中絹代にとって、地元・江戸金の「亀の甲せんべい」は幼少の頃から慣れ親しんだお菓子。パリッとした歯ごたえとお口に広がる香ばしい風味が絶妙なこちらの煎餅は、山口県の特産品を取り揃えた同店でお買い求めいただけます!

銀座越後屋

田中絹代が愛用した呉服屋。宝暦5年(1755年)創業、250余年の長きに渡り、8人の当主によって受け継がれた老舗です。同店は田中絹代がベネチア国際映画祭に招待された時の衣装を担当し、銀座本店(仮店舗)にて当時の写真が展示されました。
※展示は終了いたしました。

銀座千疋屋

田中絹代御用達の高級果物店。アメリカ占領下の1949~50年、日米親善芸術使節として渡米する出発の際、田中絹代が抱えていた花束は銀座千疋屋から贈られたものでした。

銀座立田野

田中絹代がこよなく愛した甘味処。
伝統の味を守り続けるあんみつはあまりに有名。

帝国ホテル東京

帝国ホテル東京・大阪では、開業120周年を祝して、「~120周年記念 特別展示~ 帝国ホテル120年の歴史展」を開催。同ホテルに長期滞在した田中絹代の滞在時の写真、部屋のスケッチも展示しています。
※展示は終了いたしました。

銀座山野楽器本店

2009年11月20日(金)から12月20日(日)までの期間中、田中絹代愛用の遺品や、出演作品の公開当時のポスター、劇場用プログラムなど総勢25点が展示されました!いずれも、当時の雰囲気をそのまま伝える大変貴重な品々でした。
※展示は終了いたしました。

このページの先頭へ