《ルイザ・ミラー》現地評

2018年5月7日 月曜日

ソニア・ヨンチェヴァ主演のパフォーマンスが感動的。ピョートル・ベチャワは軽やかな美声で麗しく感情豊かに歌い上げた。現在はバリトン歌手として活躍する巨匠プラシド・ドミンゴが今作でルイザの父役を初めて演じ、今もなお輝き続ける熱錬のヴェルディ歌唱を披露した。_ New York Observer

 

 

 

 

見逃せない上演:プラシド・ドミンゴのような大御所の大スターが、偉大なオペラハウスでヴェルディ作品の新しい役に挑戦し、舞台で中心的な役割を果たした。観客は我が耳を疑うにちがいない。ソニア・ヨンチェヴァのなめらかで繊細な澄み切ったソプラノが衝撃的。ピョートル・ベチャワが向こう見ずな役柄のロドルフォに落ち着きと優雅さを与えた。驚くべき舞台。_ New York Times

 

 

見逃せないパフォーマンス。 _ New York Times

 

ドミンゴは世間の常識と時間そのものに挑み続ける。 _ The New Yorker

 

 

 

 

 

 

©Photo Chris Lee/Met Opera

METライブビューイング
2017-18
ラインナップ

pagetop