新橋演舞場9月

印刷する
新国劇百年

劇団若獅子 結成三十周年記念公演

新国劇百年


主催:劇団若獅子
協力:松竹株式会社

2017年9月26日(火)~27日(水)

9月26日(火):14:00~
9月27日(水):11:00~/15:30~

7月16日(日)チケット受付予約開始

【料金(税込)】
1等席 8,000円
2等席 6,000円
3階席 4,000円
桟敷席 10,000円

arrow03.png 〔こちら〕(劇団若獅子HP)もご覧ください。

日程 開演時間
9月26日(火) 14:00
9月27日(水) 11:00/15:30

 

見どころ

“澤正”と呼ばれ、リアルな立ち廻りで人気を博した澤田正二郎の「新国劇」が旗揚げされて100年。
その「新国劇」の精神を受け継いだ「劇団若獅子」が結成30周年をむかえる本年、ここ新橋演舞場で記念公演を上演いたします。
辰巳柳太郎・島田正吾の薫陶を受けた笠原章を中心にした劇団若獅子公演に、歌舞伎俳優の市川猿之助が賛助出演、元新国劇の伊吹吾郎・新派の瀬戸摩純らが参加、“義理と人情”の新国劇の世界が今、蘇ります。



『国定忠治 ―天神山より小松原まで―

江戸後期、飢饉と悪政に苦しむ農民を救済するために決起した上州の侠客・忠治の物語。
名文句「赤城の山も今宵限り」でお馴染みの「天神山」の場面や胸のすくような大活躍を見せる「庚申塚」「山形屋」「小松原」と見どころ満載。
人間味あふれ、人情深く、義侠心の篤い、この「新国劇」の代表作を是非ご覧下さい。



『月形半平太 ―うれし野より三條河原まで―

名ゼリフ「春雨じゃ 濡れて往こう」で有名な『月形半平太』。
幕末の京都、倒幕派の長州藩士・月形半平太を主人公に、月形を裏切り者と疑う長州藩の同志や佐幕派の新撰組との対決、祇園の芸妓との艶やかな色模様を描いた群像劇。
忘れかけていた日本人の美風を体感できるひと時を、どうぞお見逃しなく。



 

 

キャスト

   
  - キャスト -
  笠原 章
   
      市川 猿之助
   
  伊吹 吾郎
   
  瀬戸 摩純
   
  佐野 圭亮
   
  南條 瑞江
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   

 

7月16日(日)10:00よりWeb・電話受付開始

お電話からご購入チケットホン松竹(午前10時~午後6時・当日券はご予約いただけません)
  • パソコンからご購入チケットWeb松竹(24時間受付)
  • スマホからご購入チケットWeb松竹(24時間受付)
  • 携帯からご購入チケットWeb松竹携帯版(24時間受付)

(パソコン・携帯電話より24時間受付 発売初日は10:00から)



プレイガイド
◇カンフェティチケットセンター
http://confetti-web.com

松竹歌舞伎会へのご入会で、先行発売をはじめとする会員限定の7大特典がご利用いただけます!
公演予定(演目・出演者・期間・料金等)は予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。