新橋演舞場3月

印刷する
江戸は燃えているか<br/> <small>TOUCH AND GO</small>
画像を拡大する

江戸は燃えているか
TOUCH AND GO

2018年3月3日 (土) ~26日 (月)

昼の部:12:00~、13:00~
夜の部:17:00~、18:00~

12月16日(土)チケット受付予約開始

一般前売りにさきがけてグループ観劇(20名様以上)受付中!
お申し込み・お問合せは販売課まで 03(3541)2111

【料金(税込)】
1等席:13,000円
2等席:8,500円
3階A席:4,500円
3階B席:3,000円
桟敷席:14,000円

【公演に関するお問合せ】
パルコステージ 03(3477)5858
(月~土 11:00~19:00/日・祝 11:00~15:00)
 

日程 昼の部 夜の部
3月3日(土) - 17:00
3月4日(日) 12:00 -
3月5日(月) 13:00 18:00
3月6日(火) 12:00 -
3月7日(水) - -
3月8日(木) 12:00 -
3月9日(金) 12:00 17:00
3月10日(土) 12:00 17:00
3月11日(日) 12:00 -
3月12日(月) 13:00 18:00
3月13日(火) 12:00 -
3月14日(水) - -
3月15日(木) 12:00 17:00
3月16日(金) 12:00 -
3月17日(土) - 17:00
3月18日(日) 12:00 -
3月19日(月) 13:00 18:00
3月20日(火) 12:00 -
3月21日(水) 12:00 17:00
3月22日(木) - -
3月23日(金) 12:00 17:00
3月24日(土) 12:00 17:00
3月25日(日) 12:00 -
3月26日(月) 13:00 -

 

 

見どころ

三谷幸喜が描く幕末群像喜劇!ここに誕生!

慶応四年、あらたな時代の幕開けがやってきそうな日本。
しかし、あいかわらず戦火はどこかで燃えている・・・。
もう戦さは勘弁してくれ!江戸を戦火から守るんだ!
ただひたすらに、みんなの、わたしの幸せを願って、
一世一代の大芝居が始まろうとしている。
もう止まらない、大芝居の幕は開いた!

今作のスローガンは「新橋演舞場史上、もっとも笑えるコメディ」。

歴史をつくった偉い人たちと歴史に名を残さなかった庶民たちの可笑しくも愛おしい、江戸無血開城をめぐる群像喜劇を三谷幸喜が書き下ろす最新作、
「江戸は燃えているか」、乞うご期待ください!
2018年3月、新橋演舞場史上、もっとも笑えるコメディが開幕します!

あらすじ
時は慶応四年。
鳥羽伏見の戦いで幕府軍に勝利した西郷吉之助(隆盛)率いる官軍(新政府軍)は、江戸城総攻撃のために、東海道を進んできていた。
西郷としては、無駄に血を流さずに江戸城を受け渡してもらえるなら、こんなに嬉しいことはない。そこで幕府側の代表である勝海舟と会って、降伏を勧めることにする。
だが、この勝という男、実は元来の江戸っ子気質で、気が小さい上に喧嘩っぱやい。
こんな性格の勝が西郷に会ったら、間違いなく交渉決裂。江戸は火の海になるのは目に見えていた。江戸の庶民たちも、誰もが戦さは望んでいない。もう戦さはこりごりだ。
そこで立ち上がったのが勝家の使用人たち。
彼らが考えた作戦は、勝をニセの西郷に会わせて、ニセ会談をやらせている間に、勝家の庭師の平次に勝のフリをさせ、本物の西郷に会わせて、和平交渉をしてしまおうという、大胆なもの。

なんとしても江戸を戦火から守るんだ!
名もなき庶民たちによる、西郷吉之助&勝海舟を相手の大芝居が、今、始まろうとしている。

キャスト

  - 作・演出 -
  三谷幸喜
   
  - 出演 -
      中村獅童 松岡昌宏
  松岡茉優 高田聖子 八木亜希子
  飯尾和樹 磯山さやか 妃海風 中村蝶紫 吉田ボイス
  藤本隆宏 田中圭
   
   
   

 

12月16日(土)10:00よりWeb・電話受付開始

お電話からご購入チケットホン松竹(午前10時~午後6時・当日券はご予約いただけません)
  • パソコンからご購入チケットWeb松竹(24時間受付)
  • スマホからご購入チケットWeb松竹(24時間受付)
  • 携帯からご購入チケットWeb松竹携帯版(24時間受付)

(パソコン・携帯電話より24時間受付 発売初日は10:00から)

松竹歌舞伎会へのご入会で、先行発売をはじめとする会員限定の7大特典がご利用いただけます!
公演予定(演目・出演者・期間・料金等)は予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。