その他の公演3月

印刷する
音楽劇 マリウス
画像を拡大する
松竹歌舞伎会 先行販売あり

音楽劇 マリウス

2017年3月6日(月)~27日(月)

12:00~/13:00~
17:00~/18:00~

2017年1月28日(土)チケット受付予約開始
劇場日生劇場

『音楽劇 マリウス』チラシ(表面)はこちら
『音楽劇 マリウス』チラシ(裏面)はこちら

【料金(税込)】
S席:12,500円
A席:7,500円
B席:4,000円
※未就学児童 入場不可

【団体観劇のお申し込み・お問い合わせ】
03-5550-1685
(演劇興行部販売課)

日程 昼の部 夜の部
3月6日(月) - 18:00
3月7日(火) 13:00 -
3月8日(水) 13:00 -
3月9日(木) 13:00 18:00
3月10日(金) 13:00 -
3月11日(土) 12:00 17:00
3月12日(日) 12:00 17:00
3月13日(月) - -
3月14日(火) 13:00 18:00
3月15日(水) 13:00 18:00
3月16日(木) 13:00 -
3月17日(金) 13:00 -
3月18日(土) 12:00 17:00
3月19日(日) 12:00 17:00
3月20日(月) 12:00 -
3月21日(火) 13:00 -
3月22日(水) 13:00 18:00
3月23日(木) 13:00 18:00
3月24日(金) 13:00 -
3月25日(土) 12:00 17:00
3月26日(日) 12:00 17:00
3月27日(月) 13:00 -

 

見どころ

あゝ、何故愛してしまったのか!

マルセーユ。太陽の国。あらゆる景色が大口をあけて笑っているような陽気なプロバンスの港町。そこで暮らす呑気な人々と、そこに生まれた若者の苦悩を描いたフランスの国民的喜劇の傑作。
「寅さん」を世に贈った山田洋次監督が満を持して舞台化。今井翼を主演に迎え、歌やダンスを盛り込んだ浮き立つように楽しい音楽劇。
―― 魂をゆさぶられるような人情喜劇の幕が上がる!!

1931年。地中海の爽やかな風が吹きぬける港町。
―― セザール(柄本明)が経営するカフェは暇をもてあました男たちが集まる町のサロンだ。
一人息子のマリウス(今井翼)は船乗りになって海に出ることを夢見ている。幼なじみのファニー(瀧本美織)とは相思相愛の仲なのになかなかお互いの思いを打ち明けられず周りの大人たちをやきもきさせていたが、ある夜遂に結ばれる。
―― しかし幸せもつかの間、マリウスは船に乗るチャンスを掴み、ファニーは彼の夢を叶えるために身を引き、長い船旅に送り出してしまう。
―― しかしその後、ファニーは妊娠したことを知る。もちろん父親はマリウスだ――

-コメント-
山田洋次(脚本・演出)
マルセル・パニョルのマルセイユ劇三部作はフランスの国民的喜劇として、今もフランスでは繰り返し演じられている名作です。
僕は学生時代からこの作品が大好きで、そのエッセンスを取り入れて寅さんを作り上げました。実は寅さんシリーズは、パニョルのマルセイユ劇三部作と日本の落語が下敷きなのです。
もし自分が舞台を手掛けることがあればいつかこの作品を演出したいと思っていましたが、今回その願いがかなったので夢と期待に胸躍る思いでいます。
『さらば八月の大地』で出逢った今井翼君と再び仕事をすることを嬉しく思います。彼の演劇に対する真面目な姿勢と華のある姿に、舞台俳優としての豊かな可能性を感じていますが、今回の作品では翼君の得意な歌やダンスも盛り込んで、音楽劇として上演するので、さらに彼の魅力を引き出せるはずです。
瀧本美織君とは初めての仕事で、一緒にファニーという演劇史上に輝く素敵なヒロインを作り上げるのを楽しみにしています。
マルセイユの港町の、のんびりした雰囲気と、この街で愉快に人生を謳歌している落語の登場人物のような人々、そして、それに飽き足らず旅への憧れを捨てきれずにもがき苦しむ若者――
今の世から消えようとしているなつかしき良き時代を丁寧に、たっぷり描き上げたいと思います。

今井翼(船乗りをめざす若者:マリウス役)
僕にとって山田監督との出会い、ご一緒させていただける時間は宝物です。
今回この様な機会をいただき、驚きと感謝の気持ちでいっぱいです。
再び山田監督のもとで芝居を学べる事に感謝して、この作品が持つ人間の心の通い合いを温かく感じていただける様、しっかりと努めます。
僕にとっても新たな挑戦となるこの作品をご期待下さい。
よろしくお願い致します。

瀧本美織(マリウスの恋人:ファニー役)
このお話をいただき、初めて山田洋次監督にお会いしました。私は鳥取県出身なのですが、監督の奥様が同郷らしく、「妻が生きていたら喜ぶなぁ。」と仰って下さいました。駅前の小さな映画館やその下にある万年筆屋さんの話、地元の話で盛り上がりました。
監督とそんな風にお話していることがとても不思議でしたが、もしかしたら奥様が出逢わせて下さったのかなぁと、勝手ながらご縁を感じています。今回お仕事でご一緒できること、とても光栄に思います。
今井翼さんもまた、今回初めて共演させていただきます。一つのことに貪欲にストイックに向かわれる姿勢、とてもかっこいいなと一視聴者として感じていました。歌のシーンも楽しみです!
台本を読んで、切なくもどかしい気持ちになりました。出てくる人達がみんな不器用で、どこかで何かを自分なりに我慢していて、そうスマートに生きられないから人間らしいのかもしれません。しかしそこに愛らしさを感じました。フランスの港町、爽やかな風を感じながら、そんな人となりを表現できればと思います。

キャスト

- 脚本・演出 -
山田洋次
- 原作 -
マルセル・パニョル
 
- 出演 -
今井翼
 
瀧本美織
 
広岡由里子
有薗芳記
田中利花
阿南健治
 
藤田善宏 齊藤裕亮
山地健仁 尾瀧一眞 河本章宏 辺田友文 山本航輔
沖中千英乃 鈴木結加里 大泰司桃子 則松亜海 豊原江理佳 工藤朋子
 
田口守
松野太紀
北山雅康
七五三掛龍也(ジャニーズJr.)
 
綾田俊樹
林家正蔵
 
柄本明
 
 
著作権代理:㈱フランス著作権事務所
 

2017年1月28日(土)チケット受付予約開始

お電話からご購入チケットホン松竹(午前10時~午後6時・当日券はご予約いただけません)
  • パソコンからご購入チケットWeb松竹(24時間受付)
  • スマホからご購入チケットWeb松竹(24時間受付)
  • 携帯からご購入チケットWeb松竹携帯版(24時間受付)

(パソコン・携帯電話より24時間受付 発売初日は10:00から)

松竹歌舞伎会へのご入会で、先行発売をはじめとする会員限定の7大特典がご利用いただけます!
公演予定(演目・出演者・期間・料金等)は予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。