シネマ歌舞伎

あの名作歌舞伎をお近くの映画館で

ニュース

【松竹歌舞伎会会員様限定企画】『三人吉三』坂東新悟・中村鶴松トークイベント付上映会!レポート

イベント・キャンペーン情報

2015.07.22

坂東新悟・中村鶴松トークイベント付上映会バナー.png

 

NEWシネマ歌舞伎『三人吉三』に出演の

坂東新悟(十三郎役)、中村鶴松(おとせ役)による

【歌舞伎会会員様限定】トークイベント付上映会が開催されました。

 

2014年6月に、シアターコクーンにて上演した『三人吉三』をシネマ化した本作。

上演時のエピソードやみどころはもちろん、

新悟が「鶴松くんのいろんな面をお伝えします」と話すと、

鶴松が「クールに見える新悟さんの本性を暴きたい」と意気込み、お互いの素顔を明かすトークも。

お二人の仲の良さも伺える大盛り上がりのイベントの一部をご紹介します。

 

イベントは、『三人吉三』の場面写真など

スクリーンに映し出される写真を見ながら対談形式で進行しました。

 

 

十三郎・おとせを演じて

-------------------------------------------

司会:十三郎とおとせの出会いは、一目惚れなんですか?

鶴松:いや、一目惚れではなく、何かを感じるように、と言われました。

新悟:運命ですね。物語の因果を感じる出会いなんです。それにしても、顔が近いなー(笑)

鶴松:近いですね(笑)でも、演じているときは、あまり感じなかった。

 

新悟さんの好きな場面「本所お竹蔵裏の場」

-------------------------------------------

司会:土左衛門伝吉がお坊吉三に殺されるシーンがお好きなんですね。

新悟:土左衛門伝吉は、僕ら(十三郎・おとせ)のためにお坊吉三から百両を取り返そうとする。結局、お坊吉三に殺されてしまうんですけど。百両を手にした時に小声で「取った・・・取った・・・」って仰っているのを袖から聞いていて、たまらなくかっこいい、と思いました。シネマ歌舞伎だとより強調されているのですが、立ち廻りも暗闇から突然現れるなど、光と影のコントラストの演出が非常に面白いシーンだと思っています。

鶴松さんの好きな場面「巣鴨吉祥院の場」

-------------------------------------------

司会:これは、いよいよ追い詰められた三人の吉三が集まる「巣鴨吉祥院の場」ですね。

鶴松:十三郎とおとせは自分たちが双子だと知らないまま、ラブラブ。そして、お兄さんである和尚吉三に伝吉の仇討ちを頼みに行く。結局、十三郎とおとせは和尚吉三によって殺されてしまうのですが、二人を殺さなくてはいけない哀しみなど和尚吉三の想い全てが詰まっているシーンだと思います。その和尚吉三を演じる勘九郎さんの迫力がすごいんです。本当にお気に入りのシーンですね。

 

 

稽古中の写真を見て

-------------------------------------------

司会:串田和美さんのお稽古はいかがでしたか?

新悟:串田和美さんは俳優の持っているものを引き出そうとする力がすごい方ですね。

   串田さんから「運命」などイメージを渡され、

   どう表現するか自分で作り込まなければいけないんです。

   鶴松くんとは久しぶりの共演なので、僕が引っ張っていかなければ、と思うのに、

   最初のうちはなかなか息が合わないこともあって、難しかったですね。

   なかなか化学反応のような良いものが生み出せなくて、苦労しました。

   現在、上演中の『阿弖流為』はいのうえひでのりさんの演出で、とても対照的です。

   いのうえさんは、具体的に動きを演出され、

   そこに魂を吹き込むところに難しさがありますね。

鶴松:『三人吉三』の稽古は大変でしたね。

   毎回色々な方法を試して串田さんのOKを貰おうと、ぎりぎりまで二人で頑張っていました。

 

S08_2942c.jpg

 

 

今後演じてみたい役

-------------------------------------------

新悟:十三郎は女方も演じる立役ですし、今後もピュアでかわいい演技をしてくれる

   鶴松くんの相手役をしていきたいですね。

   実は、今回のお話を頂く前にコクーン歌舞伎でおとせを演じてみたかったんです。

鶴松:僕は十三郎で出てみたかったです。

新悟:逆はちょっときついかな~!(笑)

   とはいいつつ、基本は女方なので、女方として眉なしの女房役、

   お姫様の役も幅広く演じていきたいですね。

鶴松:コクーン歌舞伎の『三人吉三』のおとせのような可愛らしいお役から

   『阿弖流為』の翔連通といった立役など、

   今は勉強中で幅広いお役を演じさせて頂いています。

   はっきり決めた方が良いかもしれないですけど、

   今後も女方、立役どちらも演じていきたいですね。

   そして、将来は勘三郎さんのようになりたいです。

 

 

お客様からのご質問コーナー

-------------------------------------------

Q、リフレッシュや気分転換の方法は?

新悟:寝ること・食べることですね(笑)お休みの時はほかのお芝居を観に行くこともありますね。

鶴松:旅行が好きなんです。休みがあると旅行に行きますね。

新悟:一人で?

鶴松:いや、男友達です。

新悟:そこは聞いてないのに(笑)

鶴松:沖縄が大好きなので、よく日焼けして帰ってきます。

司会:日焼けしても大丈夫なんですか?

鶴松:真っ白に塗るから大丈夫なんです(笑)

 

 

じゃんけん大会

-------------------------------------------

シネマ歌舞伎『野田版 鼠小僧』のお二人のサイン入りDVD、

サイン入りシネマ歌舞伎特製観劇手帖をかけて、じゃんけん大会を行いました。

新悟さん、鶴松さんとの王様じゃんけん!白熱のじゃんけん大会でした!

 

S08_2932.JPG

 

 

 

NEWシネマ歌舞伎『三人吉三』のみどころ

-------------------------------------------

新悟:NEWシネマ歌舞伎の『三人吉三』はまったく別物と思っても良いかもしれません。

   映画用のシーンや「こんなところから撮ったの?!」というシーンもあります。

   また、最後の数分間にはすごいことが起きます。

   そして、何よりもご注目頂きたいのは鶴松くんの美しさ。

   みなさん、目に焼き付けて頂ければと思います。

鶴松:NEWシネマ歌舞伎『三人吉三』は、舞台とはまた違った作品、

   映画ならではの作品となっております。

   現在の『阿弖流為』に引き続き、8月は歌舞伎座、9月は赤坂ACTシアター

   10月『阿弖流為』大阪松竹座、11月は大阪平成中村座

   新悟さんと僕は出演していますので、

   ぜひ皆さんお越しいただけますと幸いです。

 

 

◇坂東新悟・中村鶴松 今後の出演情報


◇特典いっぱい!松竹歌舞伎会入会のご案内


◇NEWシネマ歌舞伎『三人吉三』情報

ニュースカテゴリー

アーカイブ

  • シネマ歌舞伎は全国で順次上映をしています。お近くの映画館を探す、もしくはお好きな作品から検索してください!
  • 地域から上映劇場を探す
  • 作品から上映劇場を探す
  • 歌舞伎通も!初心者も! シネマ歌舞伎「虎の巻」
  • よくあるご質問
  • メルマガ会員募集中 登録はこちら
  • シネマ歌舞伎特性!歌舞伎観劇手帖
  • 特別鑑賞券がムビチケになります!
  • やじきたLINEスタンプ

関連サイト

  • 歌舞伎屋本舗
このページの先頭へ
  • ホーム
  • 上映劇場
  • 作品一覧
  • 予告動画
  • チケット料金
  • シネマ歌舞伎とは?
  • ニュース
  • 松竹
  • 歌舞伎美人
  • KABUKI Official website in English
  • MET ライブビューイング

当サイトに掲載されている画像及び文章の二次使用・無断転載を禁じます

Copyright © SHOCHIKU Co.,Ltd. All Rights Reserved.