企業情報

社会とのつながり

GINZA KABUKIZA地下広場を帰宅困難者一時受入施設に

  松竹グループは、GINZA KABUKIZAの地下広場を災害時の帰宅困難者一時受入施設として提供します。 この広場は広さ約1,200平方メートル、地下鉄東銀座駅に直結した空間です。日中は土産物などを扱う屋台型店舗が並びますが、午後6時半以降は店舗が片づけられ、巨大な空間となります。地下広場に約1,000人、劇場内に約2,000人、施設全体で約3,000人の帰宅困難者の受け入れが可能です。また、地下3階の備蓄倉庫には、3,000人分の水や非常用食品などを常備しております。 歌舞伎をご覧になるお客様、観光や通勤で東銀座にいらっしゃるお客様に、安心して施設をご利用いただけるよう努めてまいります。
 ※当地下広場は大塚ホールディングス様のご協力により、「木挽町 御助蔵前広小路(こびきちょうおたすけくらまえひろこうじ)」として提供し、帰宅困難者の一時受入施設としての役割も果たしています。

木挽町広場
営業中の様子
木挽町広場の一時滞在施設時イメージ
営業終了後の様子/一時滞在施設時イメージ

松竹グループの募金活動

2011年3月19日~2011年5月8日に実施しました募金活動についてご報告いたします。

松竹株式会社 1,173,109円
グループ会社 302,029円
演劇座館 4,896,053円
映画館 649,412円
合計 7,020,603円

日本赤十字社へ寄付いたしました。

演劇関連、映像関連、グループ会社の取組みについては下記をご覧ください。