部門紹介

演劇本部

仕事の流れ

演劇製作部 (歌舞伎製作室/演劇製作室/芸文室)

歌舞伎やその他演劇作品の企画立案から、スタッフ・キャストの編成・依頼、予算組み、演出家などの決定、台本作成、稽古日程の決定までを一貫して行っています。さらに、初日を迎えるまで、稽古の立会いや舞台セットなどの詳細部分まで関わり、演劇作品を作り上げています。

演劇興行部(各劇場/チケット事業室/演劇業務室)

歌舞伎座、新橋演舞場、大阪松竹座、京都南座の4つの直営館の運営を行っています。
歌舞伎をはじめ、様々な演劇作品を快適な空間でお客様にお届けしています。

演劇営業部(演劇公演室/演劇宣伝室/演劇ライツ室/演劇事業室/筋書編集室)

日生劇場、シアターコクーン、三越劇場など松竹直営劇場以外でのテンポラリー公演や、地方巡業公演などを行っています。また、筋書(プログラム)の作成やポスター、チラシ、パブリシティの制作を行う宣伝業務に加え、2次利用として「シネマ歌舞伎」「METライブビューイング」や、歌舞伎関連グッズの企画開発なども行っています。

開発企画部(営業室/開発企画スタッフ)

他企業と演劇に関する共同事業や、歌舞伎に関するイベントなどの企画・運営をし、松竹演劇のアセットを利用して様々な新規事業を行っています。

歌舞伎

日本の伝統芸能を代表する「歌舞伎」。
松竹は、明治28年(1895年)歌舞伎興行を手がけて創業して以来、現在まで社業の柱としてその伝統を守り続けています。民間企業である松竹が、一世紀を超えて製作・興行をしてきた歌舞伎は、平成17年にはユネスコ世界無形文化遺産に認定されました。
松竹では、古典作品の継承はもちろんのこと、新作にも意欲的に挑戦し、ますます歌舞伎の発展に力を注いでいます。また、日本国内に留まらず、これまでに世界35ヵ国に及ぶ海外公演を成功させるなど「歌舞伎」の魅力、日本文化の魅力を広めるべく多様なプロジェクトに取り組んでいます。

 

新派

新派とは、旧派(歌舞伎)に対する言葉で明治21年に生まれた新演劇のことです。
当初は政治活動の一環でしたが、次第にその時代に合った人間の情や風俗を描く演劇へと変化しました。
女性が舞台に登場したのも演劇史上新派が初めてでした。
また、泉鏡花、三島由紀夫、川口松太郎など数多くの作家に恵まれ、名作を上演し続け、歌舞伎とともに松竹を代表する劇団として現在に至ります。

関連サイト

歌舞伎美人(かぶきびと) KABUKI WEB シネマ歌舞伎 劇団新派 チケットWeb松竹

部門紹介のトップへもどる