「新必殺仕事人」とは---昭和56年5月より朝日放送・テレビ朝日系にて放送され、中村主水が活躍する「必殺仕事人」の続編。視聴率は、30%を超える大ヒット作品。 藤田まこと演じる中村主水ほか、おりく、三味線屋の勇次、飾り職人の秀、何でも屋の加代など、現在でも根強い人気を誇る「必殺シリーズ」を代表する名キャラクターが登場。昭和56年5月8日〜57年6月25日 朝日放送・テレビ朝日系 全55話放映 金曜夜10時CAST  藤田まこと、菅井きん、白木万理、山田五十鈴、中条きよし、三田村邦彦、鮎川いずみ  STAFF 脚本:野上龍雄ほか/監督:貞永方久・松野宏軌・田中徳三ほか/音楽:平尾昌晃/主題歌:「想い出の糸車」作詞・作曲:山本六介

「新 必殺仕事人 ブルーレイBOX」 ¥41,800+税 発売中

【収録内容】
 全55話(1ディスクに5話収録)
【仕様】
 BD11枚組、デジスタック仕様
【封入特典】
 ■リーフレット
 ■新必殺仕事人ブルーレイBOX特典オリジナルCD
  必殺仕事人BGMより5曲入り
  (収録曲)
  01.情けは無用と知りながら/2:14
  02.仕事人出陣/2:07
  03.想い出の糸車インストver.(闇夜に仕掛ける〜殺しのテーマ〜)/2:05
  04.裁きの刻/1:11
  05.仕事人から一言〜中村主水のテーマ〜/2:34
【映像特典】
 別予告(新番組予告60秒など収録)

【本編(Blu-ray)】
 SHBR-0295/1080i Hi-Def/4:3/スタンダードサイズ/BD50G
 DTS-HD Master Audio日本語(オリジナル)モノラル

 1981年/日本/本編約2545分+特典映像約3分/カラー
 発売・販売元:松竹 ©松竹・ABC

「新必殺仕事人」Amazonビデオにて配信中!

登場人物

山内久司プロデューサーのコメント(昭和56年、放送当時) 「必殺シリーズ」の中で、中村主水はいちばんみなさんが待っているシリーズです。常に安定した人気を持っています。しかし、またいつでも何か新しい魅力を持って帰ってくるわけです。  今回の場合、一つの工夫として殺し屋内部の緊張関係を今までにない異質な要素として意識的に入れています。その異質な要素を中条きよしさんに演じてもらっているわけですが、この勇次のような役を歌舞伎では“色がたき”といいます。要するに主水の言うことにたてをつくわけですよ。なかなか言いなりにならない。けれど腕は立つ。だから主水にとっては小面憎い存在なんですね。でも他の部分はおなじみの必殺スタイル。せんもりつももちろんそのまま、そのかわり、今度はディテイルのおもしろさをもっと追求します。

収録内容

新必殺仕事人

松竹

総合トップへ