新喜劇ニュース

1月南座公演の記者取材会が行われました!!

2019年12月13日

facebook

イベントレポート

2020年1月南座「初笑い!松竹新喜劇 新春お年玉公演」の記者取材会が12月7日(土)に大阪市内にて行われました!渋谷天外、藤山扇治郎、また昨年に続き南座のお正月公演へ2年連続のゲスト出演となる久本雅美さんが出席し、本公演の見どころや意気込みを語りました。

_2KH8225

『駕籠や捕物帳』にて領主前田能登守/赤鞘主水の二役を勤める渋谷天外は、殿様と駕籠かきという身分のカルチャーギャップをどう見せるか。久本さんと寛太郎君のコンビに私がどう入り込んでいけるか、とても楽しみです。笑わされるんちゃうか!と語りました。また、扇治郎に対し、ここ最近びっくりするほど芝居が上達しています。(同役を)3年前に演じた時とは違った、扇治郎君の人柄が大いに滲み出たキャラクターが見られるはずと期待を込めました。

藤山扇治郎は、今回の二作品は現代劇と時代劇と設定は違えど、『一姫二太郎三かぼちゃ』は“田舎と都会”、『駕籠や捕物帳』は“殿様と庶民”、どちらも“格差”が描かれています。この二つの共通したテーマを感じながらお楽しみいただきたいです。と見どころを語りました。また、以前『一姫二太郎三かぼちゃ』の稽古中、カステラを食べる場面で、稽古に熱が入りすぎて小道具の発泡スチロール製のカステラを食べてしまった。という珍エピソードも明かし、会場を笑いで包みました。

久本雅美さんは、今回も大好きな松竹新喜劇に呼んでいただいて本当に嬉しく思います。今回演じる『駕籠や捕物帳』の駕籠かきの役を女性が演じるのは演目史上、私が初めてと聞いてやる気が湧いています!私が面白く演じることで、今後の上演でも女優さんが演じる役となるようにがんばります。笑いに貪欲に、台本にないアドリブも加えながら楽しんで演じます!と、今回の役に対して意気込みを語りました。

「初笑い!松竹新喜劇 新春お年玉公演 」2020年1月1日(水・元日)~1月8日(火)午前の部11:00開演/午後の部15:00開演 ※1日初日のみ13時開演。

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます!!

facebook

twitter

新喜劇ニュース

矢印ニュースカテゴリー

矢印ニュースアーカイブ

ピックアップグッズ

松竹新喜劇藤山寛美 十八番箱 壱

商品一覧はこちら矢印

松竹新喜劇 ホーム>

 松竹新喜劇ニュース>

 1月南座公演の記者取材会が行われました!!

松竹新喜劇 ホーム |  新喜劇ニュース |  新喜劇について |  公演情報 |  俳優·役者 |  作品紹介 |  グッズ

会社概要 |  個人情報保護方針 |  お問い合わせ

松竹