《サムソンとデリラ》現地メディア評

2018年11月6日 火曜日

エリーナ・ガランチャは艶のある華やかな歌唱だった。赤々と燃え上がるような響きと感情の起伏に富んだ旋律の表現で、デリラの名アリア〈あなたの声に私の心は開く〉では優雅に恋い焦がれる

思いを歌い上げた。—New York Times

 

 

 

 

 

ガランチャは、ひときわ輝きを放つ最高の「歌う女優」だ。アラーニャはフランス作品における英雄役の伝統を引き継ぐ、素晴らしく力強い歌唱を聴かせた。今作は合唱とオーケストラにとって腕の見せどころとなる作品だが、マーク・エルダーの指揮の下、合唱の歌唱もオケの演奏も極上のパフォーマンスを見せつけた。 —Washington Post

 

 

目も耳も楽しませてくれる、絶品のごちそう。—Vogue

 

 

 

壮大で異教的ムードが漂いセクシーな魅力にあふれた公演。目を見張る豪華絢爛な舞台演出。—WQXR

 

 

今作には巨大な舞台セット、声量のある歌唱、大規模な合唱、ダンサーの一群、そして溢れ返るほどの煌びやかさが欠かせない。METは事もなげに、そのすべてを完璧にそろえて差し出してくれた。—New York magazine

 

 

 

ロベルト・アラーニャは繊細なニュアンスまで丁寧に演じ、まぶしいほど鮮やかな声色で歌い上げ、サムソンという難役を演じ切った。—New York Observer  

METライブビューイング
2018-19
ラインナップ

pagetop