《アグリッピーナ》現地メディア評

2020年4月3日 金曜日

大歌劇場METが『アグリッピーナ』でヘンデルの親密な空間へと変貌した。活き活きとした新演出…刺激のある鮮やかさと、まるで銃を連射するかのように強烈なジョイス・ディドナートの歌唱。大胆で、声に出してクスクス笑うほど面白く、惹きつけられる魅力に溢れた演出版。チェンバロを弾きながら指揮したハリー・ビケットは、歯切れよく軽やかなペースを創り出した。どの歌手も大胆な演唱…そして毒のあるお楽しみ。ヘンデルは250年以上前に亡くなっているが、METではかつてないほど生気に満ちていた。– New York Times 

 

 

溢れんばかりの活気。陽気な大騒ぎ。ディドナートは残忍さと抜群の正確さでアグリッピーナを表現した。– Wall Street Journal

 

ジョイス・ディドナートはアグリッピーナ役で熱狂的な歌唱を聞かせてくれる。

METで新たにヘンデル作品を観られるのは至福の喜びだ。– Financial Times

METライブビューイング
2019-20
ラインナップ

pagetop