《Fire Shut Up in My Bones》現地メディア評のご紹介

2022年1月20日 木曜日

アメリカ・オペラの分岐点。大胆で優しく、生命力に溢れた芸術作品。何か新しいものの出発点、オペラが観客を導く先を新たにする。―――The Washington Post

 

新鮮かつ感動的な作品。ポエティックで鮮烈に心を打ち、ときに苦々しい面白さがあり、常に演劇的に心揺さぶる作品。ウィル・リバーマンが大躍進となるパフォーマンスを見せた。エンジェル・ブルーは輝かしい高音とあふれ出るカリスマ性を発揮した。―――The New York Times

 

 

 

 

金字塔となる画期的なパフォーマンス。テレンス・ブランチャードが大成功を収めた。陰影のニュアンスを美しく織り込んだ楽曲。音楽監督のヤニック・ネゼ=セガンが躍動感あふれる演奏を創り出した。チャールズの幼少時代を演じた13歳のウォルター・ラッセル3世が最も大きな喝采を浴びた。―――Associated Press

 

 

 

 

清々しい気持ちになる慈愛に満ちた物語がウィットと優しさ、メロドラマとともに描かれる。ウィル・リバーマンは気品を備えた歌手である。新星の誕生だ。―――New York Magazine

 

METの歴史に残る傑作。ケイシー・レモンズの台本は原作者チャールズ・ブローの物語における劇的な要素を見事に溶け合わせた。―――Financial Times

 

 

惹きつけられる作品。METのレパートリーに類まれな1作が加わった。―――Vogue

 

 

磁石のように強く引きつけられる。パワフルな作品。メトロポリタン・オペラの舞台を揺さぶるような誇り高い躍動的なアフリカン・アメリカンのアイデンティティーを目撃し、衝撃だった。並外れた偉業。大成功の舞台。―――NPR

 

オペラがより広くあらゆる人を受け入れて行こうとする歓迎すべき動き。カミール・A・ブラウンとジェイムズ・ロビンソンによって鮮やかに描かれた舞台で、METの新時代の先駆けだ。―――The Economist

METライブビューイング
2021-22
ラインナップ

pagetop