《デッドマン・ウォーキング》現地メディア評

2023年11月30日 木曜日

興奮の拍手とスタンディング・オベーション。《デッドマン・ウォーキング》が目を見張るようなMETデビューを飾った。これまで見聞きしたJ・ディドナートの出演作の中で最も素晴らしく、魅力的な作品である。R・マキニーはデ・ロシェ役を彩りのある、見た目通りの筋力で歌い上げた。感情が露わとなるような歌唱。Y・ネゼ=セガンも堂々たる指揮を披露した。―――The Washington Post

 

死刑囚のドラマが観客の涙を誘う。J・ディドナートは輝かしく、S・グラハムは深い感動を与えてくれる。オーケストラの演奏は、流麗で情熱的。―――Financial Times

 

見事な初演。感情的な深みと力強いストーリーテリングで心を揺さぶる新演出は、観客を魅了した。
―――Vogue

 

高鳴る音楽、力強い感情。METに新風を吹き込む、I・V・ホーヴェのスマートな演出。J・ディドナートとR・マキニーというカリスマ的スター、そしてオーケストラの贅沢な演奏。感動的だ。―――The New York Times

 

J・ヘギーのスコアは大成功を収めた。Y・ネゼ=セガンの持ち味である熱烈な指揮。力強い声楽スコア、バランスの取れたテンポの良いストーリー、そしてタイムリーな倫理的問いかけに満ちた作品だ。―――Observer

 

最先端であり、心に響く作品。
―――NY1

 

 

 

真実、赦し、贖罪の可能性についての深く人間的な物語。私は、オペラの核心にある普遍的な贖罪の希望に圧倒された。―――America Magazine

 

新作は、オペラの未来。METは全力を注いでいる。
―――The Wall Street Journal