9

プッチーニ《トスカ》

Tosca - Puccini

上映期間
2020年522日(金)~528日(木)

※東劇のみ6/4(木)までの2週上映

歌姫と画家の恋を待ち受ける恐るべき罠!オペラ界の女王A・ネトレプコがローマの歌姫を熱演!

革命家の画家と恋に落ちた歌姫を狙う悪辣な警視総監の恐るべき企み!ナポレオンの侵攻に怯える1800年のローマを舞台に政治と愛が入り乱れる悲劇を、ドラマティックな音楽で描く大人気オペラ!息もつかせぬ展開の合間に、心とろかす名アリア〈歌に生き、恋に生き〉〈星は光りぬ〉が舞い降りる。ローマの名所を再現したD・マウヴィカーの壮麗な演出で情熱的な歌姫を演じるのは、現代最高の歌姫A・ネトレプコ。夢の顔合わせを、大スクリーンで堪能しよう。

指揮:
ベルトラン・ド・ビリー
演出:
デイヴィッド・マクヴィカー
出演:
アンナ・ネトレプコ、ブライアン・ジェイド、ミヒャエル・フォレ
上映時間:
3時間17分
MET上演日:
2020年4月11日
言語:
イタリア語

《トスカ》のあらすじ

1800年のローマ。人気の歌姫トスカは、パリ帰りの画家カヴァラドッシと熱愛中。だが共和主義者のカヴァラドッシは、ローマを支配しているナポリ王国の政権から睨まれていた。カヴァラドッシは、政治犯として収容されていた牢獄から脱走してきた友人のアンジェロッティを自分の別荘にかくまう。冷酷な警視総監スカルピアは、アンジェロッティを自殺に追い込み、カヴァラドッシを逮捕する。彼の助命を乞うトスカに、スカルピアは代償として肉体を要求するが…。

キャスト&スタッフ

  • ベルトラン・ド・ビリー

    Bertrand de Billy

    《指揮》

     

    ベルトラン・ド・ビリー

    Bertrand de Billy

    《指揮》

    音楽の自然な流れを生かしつつ躍動感にあふれた音楽作りで、オペラ、オーケストラの双方で世界的に活躍する名指揮者。1965年パリ生まれ。ウィーン・フォルクスオーパー、リセウ歌劇場、ウィーン放送交響楽団などの音楽監督を歴任。METデビューは98年《ロメオとジュリエット》。

  • デイヴィッド・マクヴィカー

    Sir David McVicar

    《演出》

     

    デイヴィッド・マクヴィカー

    Sir David McVicar

    《演出》

    オペラと演劇の双方で活躍する世界的な人気演出家のひとり。伝統的なテイストを基本に、洗練された演出に定評がある。1966年スコットランド、グラスゴー生まれ。METデビューは2009年《イル・トロヴァトーレ》。LVでもドニゼッティ〈女王三部作〉《トスカ》などヒット作多数。LV今シーズンの《アグリッピーナ》《マリア・ストゥアルダ》も演出を手がける。

  • アンナ・ネトレプコ

    Anna Netrebko

    《トスカ》

     

    アンナ・ネトレプコ

    Anna Netrebko

    《トスカ》

    ソプラノ

    現代オペラ界最高の人気を誇るプリマドンナ。ビロードのような美声と入魂の演技、舞台での圧倒的な存在感とスター・オーラで、多くのファンを虜にしている。1971年ロシア生まれ。2005年ザルツブルク音楽祭の《椿姫》で大ブレイク。METには02年《戦争と平和》でデビュー。 LVされた演目も18-19《アドリアーナ・ルクヴルール》他多数。

  • ブライアン・ジェイド

    Brian Jagde

    《カヴァラドッシ》

     

    ブライアン・ジェイド

    Brian Jagde

    《カヴァラドッシ》

    テノール

    豊かな声量とパワフルな美声に恵まれ、正統的テノールのレパートリーを得意とするアメリカの新進スター。ニューヨーク生まれ。2014年《アラベラ》のエレメール伯爵役でMETデビュー。カヴァラドッシ役は、サンフランシスコ・オペラなどでも成功を収めている十八番である。

  • ミヒャエル・フォレ

    Michael Volle

    《スカルピア男爵》

     

    ミヒャエル・フォレ

    Michael Volle

    《スカルピア男爵》

    バリトン

    深々と心に沁みる格調高い声、知性と人間味あふれる役作りで、現代を代表するバリトンのひとりに数えられる名歌手。とりわけワーグナーの諸役で高く評価されている。1960年ドイツ生まれ。チューリッヒなどの歌劇場で専属歌手を務めた後ソリストに。2014年《アラベラ》のマンドリカ役でMETデビュー。LVには14-15《ニュルンベルクのマイスタージンガー》で登場。

上映劇場

地域 劇場名 TEL 上映開始時間(1日1回上映) 劇場Webサイト
北海道 札幌シネマフロンティア TEL:011-209-5400 上映開始時間:10:00~ チケットを購入する
宮城 MOVIX仙台 TEL:050-6865-6205 上映開始時間:10:00~※11/5(金)《トゥーランドット》、2/13(木)《蝶々夫人》、5/13(水)《さまよえるオランダ人》のみ14:00上映 チケットを購入する
千葉 MOVIX柏の葉 TEL:​050-6865-3401 上映開始時間:11:30~ チケットを購入する
埼玉 MOVIXさいたま TEL:050-6865-4351 上映開始時間:11:20~ チケットを購入する
東京 東劇 TEL:03-3541-2711 上映開始時間:《トゥーランドット》《蝶々夫人》15:00/19:00
《マノン》《アグリッピーナ》13:30/18:20 《アクナーテン》18:30
《ヴォツェック》15:30/18:30 《ポーギーとベス》14:30/19:00
《さまよえるオランダ人》《トスカ》《マリア・ストゥアルダ》14:30/18:30
チケットを購入する
東京 新宿ピカデリー TEL:050-6861-3011 上映開始時間:10:00~ チケットを購入する
東京 MOVIX昭島 TEL:050-6861-0325 上映開始時間:10:00~ チケットを購入する
東京 109シネマズ二子玉川 TEL:0570-077-109 上映開始時間:10:00~ チケットを購入する
東京 T・ジョイPRINCE品川 TEL:03-5421-1113 上映開始時間:11:00~ チケットを購入する
神奈川 109シネマズ川崎 TEL:0570-007-109 上映開始時間:11:20~ チケットを購入する
神奈川 横浜ブルク13 TEL:045-222-6222 上映開始時間:11:00~ チケットを購入する
神奈川 109シネマズ湘南 TEL:0570-016-109 上映開始時間:10:00~ チケットを購入する
愛知 ミッドランドスクエアシネマ  TEL:052-527-8808 上映開始時間:11:00~※《トゥーランドット》《蝶々夫人》《トスカ》は11:00/18:30の1日2回上映 チケットを購入する
京都 MOVIX京都 TEL:050-6865-3125 上映開始時間:10:00~ チケットを購入する
大阪 大阪ステーションシティシネマ TEL:06-6346-3215 上映開始時間:11:00~ チケットを購入する
大阪 なんばパークスシネマ TEL:050-6864-7125 上映開始時間:18:30~※《トゥーランドット》《蝶々夫人》《トスカ》は10:00/18:30の1日2回上映 チケットを購入する
兵庫 神戸国際松竹 TEL:078-230-3580 上映開始時間:12:00~ チケットを購入する
広島 109シネマズ広島 TEL:0570-002-109 上映開始時間:10:00~ チケットを購入する
福岡 福岡中洲大洋 TEL:092-291-4058 上映開始時間:10:00~ チケットを購入する
  • ※座席指定券の発売スケジュールは各上映劇場にお問合せ下さい。
  • ※確定時間とタイムスケジュールは各演目の公開直前に最新情報に掲載します。
  • ※すべて日本語字幕付き。

鑑賞料金

一般料金

3,700円(税込)

学生料金

2,500円(税込)

特別鑑賞
ムビチケカード3枚セット

9,600円(税込)

  • ※一回鑑賞券3枚セット

 ムビチケカードとは?

ネットで座席指定ができる通常料金よりお得な前売券

  • ※数量限定 ※ご購入当日にはご利用いただけませんので、事前にお買い求めください。
  • ※ご覧になる映画館の座席指定券との交換が必要です。
  • ※劇場窓口、自動券売機、インターネット(各上映映画館のホームページ)から座席指定が可能です。
  •  一部、自動券売機、インターネットで座席指定できない劇場がございますのでご了承ください。
  • ◎詳しいご利用方法はムビチケHPの「ご利用ガイド」をご覧ください。
  • ○ムビチケカードに関するお問い合せ先
    ムビチケお客様窓口:050-5830-7851(年中無休 9:00~18:00)

各上映劇場にて絶賛発売中!

(前売券販売サイト、「メイジャー」でも取り扱いあり。通信販売、宅配のご希望は「メイジャー」まで。)

全作品
利用可能

ネットで事前に座席指定できる!

リピーター割引

<劇場窓口購入に限り、METライブビューイング2019-20シーズン鑑賞済み座席指定券半券提示で300円割引!
半券1枚につきお一人様1回限り有効。対象は第2作から第10 作までの全9作。

  • ※劇場が異なるとリピーター割引がご利用できない場合がございます。
  • ※学生料金、各種特別鑑賞券、ネット販売、リピーター割引券半券は割引対象外。

METライブビューイング
2019-20
ラインナップ

pagetop