演目紹介

METが制作する新作オペラや新演出に待望の再演、全世界が注目する10演目をご紹介します。

2006 - 2007

※全作品日本語字幕付き

  • 1 魔笛
  • 2 清教徒
  • 3 始皇帝
  • 4 エフゲニー・オネーギン
  • 5 セヴィリャの理髪師
  • 6 三部作

1 モーツァルト 《魔笛》 英語版

揮:ジェイムズ・レヴァイン

出:ジュリー・テイモア

演:イン・ファン、エリカ・ミクローザ、マシュー・ポレンザーニ、ネイサン・ガン、ルネ・パーぺ

上映時間:2時間1分

MET上演日:2006年12月30日

モーツァルト最後のオペラで、1791年12月の死の3カ月前に初演された。王子タミーノの冒険物語でファンタジー色あふれる作品。ミュージカル「ライオンキング」で知られるジュリー・テイモアの演出で、色彩豊かな舞台が話題となった。通常は2幕のオペラであるが、本作は短縮版で1幕にまとめられている。オリジナルはドイツ語だが、本作は英語バージョン。

PAGETOP


2 ベッリーニ 《清教徒》

揮:パトリック・サマーズ

出:サンドロ・セキ

演:アンナ・ネトレプコ、エリック・カトラー、フランコ・バッサルロ、ジョン・レリエ

上映時間:3時間42分

MET上演日:2007年1月6日

ベルカント・オペラの最高峰といわれ、曲の美しさで世に名高いベッリーニの傑作。ただ、出演者に超絶的な技巧、演技が求められることから、顔ぶれがそろわないとなかなか上演されない演目。本作では、美声と美貌を兼ね備える人気のソプラノ、アンナ・ネトレプコが、ヒロインのエルヴィラを歌う。

PAGETOP


3 タン・ドゥン 《始皇帝》

オペラ台本:ハ・ジン、タン・ドゥン

揮:タン・ドゥン 演出:チャン・イーモウ 衣裳:ワダ・エミ

演:プラシド・ドミンゴ、エリザベス・フトラル、ミケーレ・デ=ヤング、ポール・グローヴ ス、ハオ・ジャン・タン

上映時間:3時間25分

MET上演日:2007年1月13日

映画「グリーン・デスティニー」や「HERO」の音楽を手掛けたタン・ドゥンの作曲、演出は中国映画界を牽引する巨匠、チャン・イーモウ、衣裳をワダ・エミが担当し、なんといっても大御所プラシド・ドミンゴが秦の始皇帝を演じるという超豪華プロジェクト。アジアと欧米の才能が集結した、MET世界初演の話題の舞台。

PAGETOP


4 チャイコフスキー 《エフゲニー・オネーギン》

揮:ワレリー・ゲルギエフ

出:ロバート・カーセン

演:ルネ・フレミング、エレナ・ザレンバ、ラモン・ヴァルガス、ディミトリ・ホヴォロストフスキー

上映時間:3時間13分

MET上演日:2007年2月24日

ロシア・オペラの代表作。原作はロシアの文豪・プーシキン。舞踏会のシーンなど、華麗な場面もあるが、しっとりとした人間ドラマが心に響く。現代を代表するソプラノ歌手、ルネ・フレミングがMETでは初のタチアーナ役を演じるのが見どころ。指揮は、ロシア・オペラを最も得意とする、ロシア出身のワレリー・ゲルギエフであるのも見逃せない。

PAGETOP


5 ロッシーニ 《セヴィリャの理髪師》

揮:マウリツィオ・ベニーニ

出:バートレット・シャー

演:ジョイス・ディドナート、ファン・ディエゴ・フローレス、ピーター・マッテイ、ジョン・デル・カルロ、ジョン・レリエ

上映時間:3時間24分

MET上演日:2007年3月24日

1816年に初演されたロッシーニの代表作で、喜劇オペラの最高傑作のひとつ。オペラの楽しさが満喫できる作品。当代の最も偉大なロッシーニ・テナーであるファン・ディエゴ・フローレスがアルマヴィーヴァ伯爵を演じる。トニー賞受賞演出家のバートレット・シャーの演出で、観客と一体となった興奮うずまく舞台が堪能できる。

PAGETOP


6 プッチーニ 《三部作》

揮:ジェイムズ・レヴァイン

出:ジャック・オブライエン

演:【外套】マリア・グレギーナ、サルヴァトーレ・リチートラ、ホアン・ポンス
【修道女アンジェリカ】バルバラ・フリットリ、ハイディ・グラント・マーフィー
【ジャンニ・スキッキ】オリガ・ミカイテンコ、マッシモ・ジョルダーノ、アレッサンドロ・コルベリ

上映時間:3時間28分

MET上演日:2007年4月28日

1時間程度と短い3作のオペラを一晩で上演するため、《三部作》と呼ばれているが、内容はそれぞれ全く別の物語。この3作品はMETで世界初演が行われたもので、METにとっては重要なレパートリー。短いとはいえ3作それぞれに複数の主役が登場するので、何人も名歌手をそろえなければならず、3作まとめての上演はあまり多くない。その意味でも本作の鑑賞は貴重な機会となるはず。


PAGETOP

pagetop