トップ > 俳優名鑑 > 現代新派を担う俳優(その3)

俳優名鑑

現代新派を担う俳優〈幹部俳優〉

菅原 ゆり(すがわら ゆり)

舞台写真

昭和61年新派入団、菅原謙次に師事。

艶やかな風情を生かした芸者やおかみなどの役で活躍している。外部出演も多い。

磨貴 こずえ(まき こずえ)

舞台写真

平成3年新派入団、紅貴代に師事。

「エドの舞踏会」などで活躍。外部出演では「風の盆ながれ唄」の下田珠子役などで印象に残った。

久藤 和子(くどう かずこ)

舞台写真

平成6年新派入団、波乃久里子に師事。

近年の舞台では「婦系図」綱次役が代表作。日舞も得意で舞踊を生かした役でも活躍している。

中嶋 ゆか里(なかじま ゆかり)

舞台写真

平成6年新派入団、英太郎に師事。

英の会「華岡青洲の妻」で於勝を演じたのが印象深い。外部公演にも多数出演。長唄、日舞にも意欲的である。

伊庭 朋子(いば ともこ)

舞台写真

平成7年新派入団、菅原謙次に師事。

明るい特徴のある声質と雰囲気を生かした娘役などで活躍。「私生活」などの翻訳劇にも出演。

大野 梨栄(おおの りえ)

舞台写真

平成12年新派入団、高橋よしこに師事。

「和宮様御留」で和宮を演じ注目された。バレエやダンスを得意とし、日舞にも意欲的に取り組んでいる。

市村 新吾(いちむら しんご)

舞台写真

平成10年新派入団、青山哲也に師事。

「明日の幸福」寿雄など明るい持ち味を生かした役で活躍。「なつひとり」など外部出演でも活躍している。

木内 宣輝(きうち のりてる)

舞台写真

平成23年新派入団、水谷八重子に師事。

劇団四季を経て新派に入団。「ふるあめりかに袖はぬらさじ」や「麥秋」間宮武役など数多く出演。「滝の白糸」弁護人役が印象深い。

喜多村 一郎(きたむら いちろう)

舞台写真

平成28年1月歌舞伎界より移籍、喜多村緑郎に師事。

「糸桜」加藤精一役や「国定忠治」浅太郎役など清潔感のある幅の広い演技が魅力。

桂 佑輔(けい ゆうすけ)

舞台写真

平成28年入団、立松昭二に師事 。

「おばこ」の喜太郎役から日本橋生理学教室の相沢役と長身なスタイルを生かした役で活躍。

市川笑三改め河合 誠三郎 (かわい せいざぶろう)

舞台写真

平成29年1月より歌舞伎界より移籍、河合雪之丞に師事。
「婦系図」の声色屋、「振袖纒」の又吉、「日本橋」の地蔵飴屋の仁作など幅の広い役をこなす。

市川猿若改め河合 穗積(かわい ほづみ)

舞台写真

平成29年1月より歌舞伎界より移籍、河合雪之丞に師事。
「狐狸狐狸ばなし」福蔵、「婦系図」声色屋、「明治一代女」仙弥役など今後の活躍に期待する。

市川猿珠改め河合 宥季 (かわい ゆうき)

舞台写真

平成29年1月より歌舞伎界より移籍、河合雪之丞に師事。
劇団最年少の女方。「振袖纒」では三味線弾きのお里、また自主公演を行うなど意欲的な取り組みをみせている。

その1その2│その3

このページの先頭へ

Copyright(C)SHOCHIKU Co.,Ltd. All Rights Reserved.