《さまよえるオランダ人》現地メディア評

2020年7月2日 木曜日

幻想的な新しい演出版—Associated Press

 

エフゲニー・ニキティンは音のフレーズを明快かつ鮮明に描き出した。ヨーロッパの一流ワグネリアン・ソプラノであるアニヤ・カンペは、ゼンタ役で遅ればせのMETデビューを飾った。彼女をようやくこの舞台で見られることは喜ばしい。カンペの歌唱には包み込むような豊かさと温かみがあり、傑出していた。伸びやかで圧倒的。磨かれ確立されたステージマジックだ。—The New York Times

 

ワレリー・ゲルギエフがその魔術を発揮した。コーラスも一流。陰鬱で抽象的で聡明な演出版。—The New Criterion

METライブビューイング
2019-20
ラインナップ

pagetop