3

プッチーニ《蝶々夫人》

Madama Butterfly - Puccini

上映期間
2020年27日(金)~213日(木)

タイムテーブルはこちら

プッチーニが残した最も哀しく最も甘美な名作!東洋美を凝縮した演出と繊細な音楽が溶け合う奇跡!

苦境から救ってくれたアメリカ海軍士官を一途に愛した芸者蝶々さん。母国に戻った「夫」が彼女のもとに帰る日は?日本の長崎を舞台に、はかなくも強い女性の不滅の愛を感動的な音楽で描き切ったプッチーニの名作が、名監督A・ミンゲラの手で東洋美を極めた名舞台に。涙を誘う名アリア〈ある晴れた日に〉、提灯が舞う幻想的な〈愛の二重唱〉は必見。世界を席巻する蝶々さん歌いH・へー、演技派バリトンのP・ジョット、ビロードの声と完璧な技術で絶賛されるE・ドゥショングなどキャストも万全だ。

指揮:
ピエール・ジョルジョ・モランディ
演出:
アンソニー・ミンゲラ
出演:
ホイ・ヘー、ブルース・スレッジ、パウロ・ジョット 、エリザベス・ドゥショング
上映時間:
3時間20分(休憩2回)
MET上演日:
2019年11月9日
言語:
イタリア語
※ キャストおよび作品、スケジュールは余儀なく変更されることがございます。

《蝶々夫人》のあらすじ

19世紀末の長崎。駐屯しているアメリカ海軍の士官ピンカートンは、斡旋屋ゴローの仲介で芸者の蝶々さんと「結婚」する。だがこの「結婚」は契約で、いつでも解約できる、つまり蝶々さんは現地妻だった。しかし蝶々さんはうすうすそれを知りつつ、ピンカートンを本気で愛してしまう。ピンカートンがアメリカに戻って3年が経った。その間に彼の子供を生んでいた蝶々さんは、ピンカートンの帰りを待ち続ける。ついにある日、ピンカートンを乗せた船が長崎に着くが…。

キャスト&スタッフ

  • ピエール・ジョルジョ・モランディ

    Pier Giorgio Morandi

    《指揮》

     

    ピエール・ジョルジョ・モランディ

    Pier Giorgio Morandi

    《指揮》

    歌心に富んだ熟練のオペラ指揮者。イタリア、ミラノ生まれ。スカラ座のオーケストラで首席オーボエ奏者になり、同時にR・ムーティやG・パターネのアシスタントを務めた後、指揮に転向。イタリア内外の劇場でイタリア・オペラを中心に振り、好評を得ている。2015年、新国立劇場で《マノン・レスコー》を指揮。METデビューは17年《リゴレット》。

  • アンソニー・ミンゲラ

    Anthony Minghella

    《演出》

     

    アンソニー・ミンゲラ

    Anthony Minghella

    《演出》

    アカデミー監督賞を受賞した『イングリッシュ・ペイシェント』で知られるイギリスの映画監督(1954-2008)。MET06-07シーズンのオープニングに新制作されたこの《蝶々夫人》がオペラデビュー作であり、洗練された東洋趣味、美しい色彩などでMETの人気プロダクションとなっている。

  • ホイ・ヘー

    Hui He

    《蝶々さん》

     

    ホイ・ヘー

    Hui He

    《蝶々さん》

    ソプラノ

    中国生まれの世界的ソプラノ。強く張りがあり、女性らしさがにじむドラマティックな美声に恵まれ、イタリア・オペラの劇的な役柄を得意とする。蝶々さんはスカラ座でも歌った十八番のひとつ。2002年「ヴェルディの声」コンクールで優勝。METデビューは10年《アイーダ》。

  • ブルース・スレッジ

    Sledge Bruce

    《ピンカートン》

     

    ブルース・スレッジ

    Sledge Bruce

    《ピンカートン》

    テノール

    アメリカ・カリフォルニア州出身のテノール。METデビューは2003年《セヴィリャの理髪師》アルマヴィーヴァ役。その後、《コジ・ファン・トゥッテ》フェランド役、《魔笛》タミーノ役、《ドン・ジョヴァンニ》ドン・オッターヴィオ役などモーツァルトの諸役をMETで歌っている。欧米の歌劇場でロッシーニからヴェルディまで幅広く歌い活躍中。

  • パウロ・ジョット

    Paulo Szot

    《シャープレス》

     

    パウロ・ジョット

    Paulo Szot

    《シャープレス》

    バリトン

    オペラからミュージカルまで、幅広いジャンルの舞台で活躍するバリトンのスター。セクシーでよく響く声、舞台映えする長身、観客を惹きつける演技力を兼ね備える。1969年ブラジル生まれ。97年《セヴィリャの理髪師》でオペラデビュー。2008年ミュージカル『南太平洋』でトニー賞を受賞。METデビューは10年《鼻》のコワリョフ役。

  • エリザベス・ドゥショング

    Elizabeth DeShong

    《スズキ》

     

    エリザベス・ドゥショング

    Elizabeth DeShong

    《スズキ》

    メゾソプラノ

    輝かしい声、幅広い声域、圧倒的なコロラトゥーラの技術をはじめとする超絶技巧を武器に、ベルカントを中心に世界を席巻するメゾの新星。アメリカ、セリングローブ生まれ。名歌手C・ルートヴィヒの薫陶を受ける。LV2017-18《セミラーミデ》のアルサーチェ役で大ブレイクを果たした。

フォト&ムービー

タイムテーブル

 

時刻の目安 項目 時間
開映前映像 CM&客席映像 約5分
1幕
本編 ◆オープニング・解説(C・ガーキー) 約56分
第1幕
休憩  特典映像 ◆インタビュー(E・ドゥショング& P・ジョット) 約7分
◆インタビュー(MET照明デザイン J・フローリック)
休憩 客席映像(INTERMISSION) 約10分
特典映像 ◆次回作《アクナーテン》インタビュー(A・R・コスタンゾ) 約12分
◆2019-20シーズン予告
◆インタビュー(MET合唱メゾソプラノ E・B・ウェントワース)
2幕 本編 第2幕 約50分
休憩 特典映像 ◆操り人形師 舞台裏映像 約6分
休憩 客席映像(INTERMISSION) 約10分
◆A・ミンゲラ演出《蝶々夫人》初演までの稽古風景 約9分
◆インタビュー(H・へー)
 ◆インタビュー(MET演出補 S・アーディ)
3幕 本編 第3幕 約34分
カーテンコール&クレジット 約6分
開映後上映時間:3時間20分

 

上映劇場

新型コロナウィルス感染拡大に伴う外出自粛要請等により、一部休館する映画館がございます。
ご来場の際には、上映の有無を各映画館HPにてご確認ください。

地域 劇場名 TEL 上映開始時間(1日1回上映) 劇場Webサイト
北海道 札幌シネマフロンティア TEL:011-209-5400 上映開始時間: チケットを購入する
宮城 MOVIX仙台 TEL:050-6865-6205 上映開始時間: チケットを購入する
千葉 MOVIX柏の葉 TEL:​050-6865-3401 上映開始時間: チケットを購入する
埼玉 MOVIXさいたま TEL:050-6865-4351 上映開始時間: チケットを購入する
東京 東劇 TEL:03-3541-2711 上映開始時間:アンコール2020上映中 チケットを購入する
東京 新宿ピカデリー TEL:050-6861-3011 上映開始時間: チケットを購入する
東京 MOVIX昭島 TEL:050-6861-0325 上映開始時間: チケットを購入する
東京 109シネマズ二子玉川 TEL:0570-077-109 上映開始時間: チケットを購入する
東京 T・ジョイPRINCE品川 TEL:03-5421-1113 上映開始時間: チケットを購入する
神奈川 109シネマズ川崎 TEL:0570-007-109 上映開始時間: チケットを購入する
神奈川 横浜ブルク13 TEL:045-222-6222 上映開始時間: チケットを購入する
神奈川 109シネマズ湘南 TEL:0570-016-109 上映開始時間: チケットを購入する
愛知 ミッドランドスクエアシネマ  TEL:052-527-8808 上映開始時間:アンコール2020上映中 チケットを購入する
京都 MOVIX京都 TEL:050-6865-3125 上映開始時間: チケットを購入する
大阪 大阪ステーションシティシネマ TEL:06-6346-3215 上映開始時間: チケットを購入する
大阪 なんばパークスシネマ TEL:050-6864-7125 上映開始時間:アンコール2020上映中 チケットを購入する
兵庫 神戸国際松竹 TEL:078-230-3580 上映開始時間:アンコール2020上映中 チケットを購入する
広島 109シネマズ広島 TEL:0570-002-109 上映開始時間: チケットを購入する
福岡 福岡中洲大洋 TEL:092-291-4058 上映開始時間: チケットを購入する
  • ※座席指定券の発売スケジュールは各上映劇場にお問合せ下さい。
  • ※確定時間とタイムスケジュールは各演目の公開直前に最新情報に掲載します。
  • ※すべて日本語字幕付き。

鑑賞料金

一般料金

3,700円(税込)

学生料金

2,500円(税込)

特別鑑賞
ムビチケカード3枚セット

9,600円(税込)

  • ※一回鑑賞券3枚セット

ムビチケカードとは?

ネットで座席指定ができる通常料金よりお得な前売券

  • ※数量限定 ※ご購入当日にはご利用いただけませんので、事前にお買い求めください。
  • ※ご覧になる映画館の座席指定券との交換が必要です。
  • ※劇場窓口、自動券売機、インターネット(各上映映画館のホームページ)から座席指定が可能です。
  •  一部、自動券売機、インターネットで座席指定できない劇場がございますのでご了承ください。
  • ◎詳しいご利用方法はムビチケHPの「ご利用ガイド」をご覧ください。
  • ○ムビチケカードに関するお問い合せ先
    ムビチケお客様窓口:050-5830-7851(年中無休 9:00~18:00)

※ムビチケカード3枚セット券の販売は終了しました

全作品
利用可能

ネットで事前に座席指定できる!

リピーター割引

<劇場窓口購入に限り、METライブビューイング2019-20シーズン鑑賞済み座席指定券半券提示で300円割引!
半券(一般料金3700円の鑑賞済み半券)1枚につきお一人様1回限り有効。

  • ※第9作《トスカ》(2017-18シーズン)、第10作《マリア・ストゥアルダ》(2012-13シーズン)は対象外となります。
  • ※劇場が異なるとリピーター割引がご利用できない場合がございます。
  • ※ネットでの購入は対象外。窓口購入時のみ対象。
  • ※学生料金、特別鑑賞券(ムビチケカード)、リピーター割引など通常料金より割引適用のされている
  •  鑑賞済み座席指定券・および各種ご招待券利用時の鑑賞済み半券は利用不可。

 

METライブビューイング
2019-20
ラインナップ

pagetop