ヴェルディ《椿姫》

La Traviata - Verdi

上映期間
2021年521日(金)~527日(木)

※上記上映期間中に緊急事態宣言のため休館となった東京と大阪では追加上映がございます。

タイムテーブルはこちら

伝説の高級娼婦が初めて出会った真実の恋!心揺さぶる不滅の名作の新たな決定版!

椿の花を愛した伝説の高級娼婦がめぐり逢った真実の恋!その行く手をさえぎる悲痛な運命とは?心弾む〈乾杯の歌〉から、名アリア〈プロヴァンスの海と陸〉、誰もが涙する幕切れまで、すべての人の心を捉えて離さないヴェルディの大傑作!四季の移ろいと恋の進行を重ね合わせたM・メイヤーの演出にも注目だ。MET音楽監督Y・ネゼ=セガンのロマンティックな指揮のもと、当代最高の「椿姫」歌いD・ダムラウ、世紀のテノール J・D・フローレスが不滅の恋を歌い上げる!

指揮:
ヤニック・ネゼ=セガン
演出:
マイケル・メイヤー
出演:
ディアナ・ダムラウ、フアン・ディエゴ・フローレス、クイン・ケルシー
上映時間:
3時間30分(休憩2回)
MET上演日:
2018年12月15日
言語:
イタリア語
※ スケジュールは余儀なく変更されることがございます。

《椿姫》のあらすじ

19世紀(本演出では18世紀)のパリ。高級娼婦のヴィオレッタは、享楽的な生活がたたって肺病を患っていた。そんな彼女に憧れていた田舎出のブルジョワ青年アルフレードは、ヴィオレッタに愛を打ち明け、一緒に暮らそうと申し出る。娼婦の暮らしを捨て、パリ郊外でアルフレードと愛の生活を送るヴィオレッタ。幸せな日々は、アルフレードの父ジェルモンの出現で一変する。ジェルモンは、アルフレードの妹が結婚するから身を引いてほしいと、ヴィオレッタに迫るのだった…。

キャスト&スタッフ

  • ヤニック・ネゼ=セガン

    Yannick Nézet-Séguin

    《指揮》

     

    ヤニック・ネゼ=セガン

    Yannick Nézet-Séguin

    《指揮》

    現代を代表するカリスマ指揮者のひとり。2018年よりMET音楽監督。鮮烈で生き生きとした音楽づくりで、作品に新たな生命力を吹き込む。新作オペラの紹介にも意欲的だ。09年に《カルメン》でMETデビュー、絶賛を博して、現在の音楽監督のポストへとつながった。1975年カナダ、モントリオール生まれ。一流歌劇場とオーケストラに定期的に登場する他、フィラデルフィア管弦楽団の音楽監督も務める。

  • マイケル・メイヤー

    Michael Mayer

    《演出》

     

    マイケル・メイヤー

    Michael Mayer

    《演出》

    アメリカを代表する演出家のひとり。大胆な読み替えで古典を刷新する才能で注目を浴びる。1960年メリーランド州ベセスダ生まれ。2007年『春のめざめ』でトニー賞受賞。12年《リゴレット》でMETにデビュー、60年代のラスベガスに置き換えた新鮮な設定で絶賛された。LVは他に《マーニー》など。

  • ディアナ・ダムラウ

    Diana Damrau

    《ソプラノ》

     

    ディアナ・ダムラウ

    Diana Damrau

    《ソプラノ》

    ヴィオレッタ・ヴァレリー

    実力と人気を兼ね備えた現代を代表するディーヴァ。超絶技巧、声に宿る多彩な表現力、登場人物になりきる舞台人魂、すべてが一級品。1971年ドイツ生まれ。F・ゼフィレッリ演出の《椿姫》映画版を見てオペラ歌手を志す。2011年、大震災と原発事故でスターが大勢キャンセルしたMET来日公演に参加して日本のファンを魅了した。《ロメオとジュリエット》16-17《オリー伯爵》《リゴレット》などLV登場多数。

  • フアン・ディエゴ・フローレス

    Juan Diego Flórez

    《テノール》

     

    フアン・ディエゴ・フローレス

    Juan Diego Flórez

    《テノール》

    アルフレード・ジェルモン

    J・カウフマンと並ぶ、21世紀を代表するテノールの大スター。輝かしい声、超絶技巧、しびれる高音、甘いビジュアルを武器に、ベルカントのレパートリーを中心に世界の歌劇場を席巻。近年のロッシーニ・オペラ復活の立役者のひとりでもある。1973年、ペルーのリマ生まれ。96年のロッシーニ音楽祭でオペラ・デビュー、センセーションを巻き起こした。METデビューは2002年《セヴィリャの理髪師》。《湖上の美人》《オリー伯爵》などLVでもお馴染み。

  • クイン・ケルシー

    Quinn Kelsey

    《バリトン》

     

    クイン・ケルシー

    Quinn Kelsey

    《バリトン》

    ジョルジョ・ジェルモン

    近年急速に評価を高めている、ハワイ出身のバリトン。明暗の色合いに富んだ吸引力のある声、迫真の演技で、ヴェルディの諸役を中心に世界的に活躍している。2005年、BBCのカーディフ歌手コンクールに出場して注目を集める。2014年のサイトウ・キネン・フェスへの出演など来日経験も。METデビューは08年《ラ・ボエーム》。LV《アイーダ》18-19にも出演。

タイムテーブル

 

時刻の目安 項目 時間
特別映像 特別ビデオメッセージ(MET音楽監督Y・ネゼ=セガン、D・ダムラウ) 約3分
上映前映像 CM&客席映像 約5分
1幕目
本編 ◆オープニング・解説(A・ラチヴェリシュヴィリ) 約36分
第1幕
休憩 特典映像 ◆インタビュー(J・D・フローレス) 約3分
休憩 客席映像(INTERMISSION) 約10分
特典映像
◆ドキュメンタリー「新時代の《椿姫》をMETへ」 約18分
◆インタビュー(M・メイヤー、美術 C・ジョーンズ、衣装 S・ヒルファーティ)
2幕 本編 第2幕 約68分
休憩 特典映像 ◆インタビュー(D・ダムラウ) 約6分
◆インタビュー(Q・ケルシー)
休憩 客席映像(INTERMISSION) 約8分
特典映像 ◆次回作《アドリアーナ・ルクヴルール》インタビュー(A・ネトレプコ) 約12分
◆2018-19シーズン予告
◆対談(指揮 Y・ネゼ=セガン&MET総裁 P・ゲルブ)
3幕 本編 第3幕 約36分
カーテンコール&クレジット 約8分
開映後上映時間:3時間33分

 

pagetop