シネマ歌舞伎

あの名作歌舞伎をお近くの映画館で

作品一覧

上映中

〈第6弾〉
人情噺 文七元結(にんじょうばなし ぶんしちもっとい)

『人情噺 文七元結』作品紹介

山田洋次監督、中村勘三郎、夢の顔合わせが実現!

三遊亭円朝が口演した落語が原作の『人情噺 文七元結』。2007年10月に新橋演舞場にて上演された世話物の傑作がシネマ歌舞伎として登場します。今回は、日本映画界を代表する名匠・山田洋次が十八世中村勘三郎の要請に応えてシネマ歌舞伎を初めて監督し夢の顔合わせが実現しました。「カットによっては生の舞台よりも力を感じるときがある」とシネマ歌舞伎の映像の迫力を高く評価する山田監督の指揮のもと撮影されました。劇場ならではの臨場感から人間味あふれる勘三郎が勤めた長兵衛の息遣いまで、余すところなく捉えておりシネマ歌舞伎に新たなる1ページが加わりました!

監督:山田洋次

あらすじ

腕は立つし、人もいい左官の長兵衛は、困ったことに大の博打好き。見かねた娘のお久は、吉原に身を売る決意をします。事情を察した妓楼の女房・お駒は、長兵衛を諭し、50両の金を貸し与えるが、その帰り道...。

笑いと涙の人情喜劇の大傑作。夢の顔合わせでとことん楽しんでいただきます!

『人情噺 文七元結』予告動画

上映劇場・上映スケジュール

都道府県 上映劇場(お問合せ先) 上映期間 備考
神奈川 小田原コロナシネマワールド
0465-45-5671
2017年6月17日(土)~2017年6月30日(金)

料金

一般料金  2,100円(税込) 学生・小人 1,500円(税込)


※特別興行につきサービスデー、レディースデーなど各種割引料金の設定はございません。
作品一覧へ
人情噺 文七元結
クリックすると拡大します
作品概要
  • 上演月:2007年10月
  • 上演劇場:新橋演舞場
  • シネマ歌舞伎公開日:2008年(平成20年)10月18日
  • 上映時間:87分
配役
  • 左官長兵衛:十八世中村 勘三郎
  • 女房お兼:中村 扇雀
  • 手代文七:中村 勘九郎
  • お久:中村 芝のぶ
  • 鳶頭伊兵衛:片岡 亀蔵
  • 和泉屋清兵衛:坂東 彌十郎
  • 角海老女房お駒:七世中村 芝翫

歌舞伎観劇手帖用のPDFはこちらからダウンロードの上、印刷してご使用ください。

ダウンロード


DVD・ブルーレイ情報

商品名:人情噺文七元結

山田洋次監督と中村勘三郎、夢の顔合わせで送る、涙と笑いの人情喜劇。

DVDのご購入はこちら
ブルーレイのご購入はこちら

※松竹DVD倶楽部に移動します

人情噺 文七元結DVD・ブルーレイ
おススメ作品

山田洋次監督と勘三郎、夢の顔合わせ!

このページの先頭へ
  • ホーム
  • 上映劇場
  • 作品一覧
  • 予告動画
  • チケット料金
  • シネマ歌舞伎とは?
  • ニュース
  • 松竹
  • 歌舞伎美人
  • KABUKI Official website in English
  • MET ライブビューイング

当サイトに掲載されている画像及び文章の二次使用・無断転載を禁じます

Copyright © SHOCHIKU Co.,Ltd. All Rights Reserved.