《ポーギーとベス》現地メディア評

2020年3月26日 木曜日

現代に語りかけてくる演出版。—The Washington Post

 

説得力があり観客の心をつかんで離さない。力強いバスバリトンのエリック・オーウェンズは、長年活躍してきた中でも最高の演唱を披露した。華やかな歌声のソプラノ、エンジェル・ブルーは光り輝いていた。どのキャストの演唱も際立っている。傑出した『ポーギーとベス』だ。—The New York Times

 

 

 

歌唱の迫力に圧倒される演出版。アメリカオペラの傑作が、絶妙なキャスティングのMET新演出によって、活き活きと描かれた。—The Wall Street Journal

 

METの舞台にみなぎる歌唱のパワー。エリック・オーウェンズはこの題名役で、長年の活躍で備わったワーグナー歌いの貫禄を見せつけた。エンジェル・ブルーは磨き抜かれた輝きのある歌唱だった。METの公演によって、この作品の評価がさらに高められた。ゴージャスな演出版。 —New York magazine

 

METの新演出版『ポーギーとベス』はまさに奇跡である。大成功の公演。エンジェル・ブルーは、見事にベスになり切っていた。  —The Economist

 

METライブビューイング
2019-20
ラインナップ

pagetop