歌舞伎アカデミー こども歌舞伎スクール 寺子屋

松竹

7期生の募集は2019年冬頃より

03-5550-1678 受付時間:平日10:00~18:00

お問合せはコチラ

百桃かたり

「百桃かたり」とは

小学生による寺子屋オリジナル新作歌舞伎舞踊劇 『贋作桃太郎 百桃かたり』

小学生によるオリジナル舞踊劇『贋作桃太郎 百桃かたり』

歌舞伎の舞台(ぶたい)にかかせない豪華(ごうか)スタッフが、「こども歌舞伎スクール寺子屋」のために新しく作った舞踊劇(ぶようげき)。
こどもにもわかりやすい日本の昔話「桃太郎(ももたろう)」の世界をかり、歌舞伎ならではの演技(えんぎ)や立廻り(たちまわり)、舞踊など、みどころいっぱいの作品です。歌舞伎の様々な役どころが表現(ひょうげん)された個性的(こせいてき)な登場人物にもご注目ください。

スタッフ

あらすじ

桃太郎が鬼(おに)を退治(たいじ)したあとのお話。桃の都で桃太郎の帰りを待つ百桃姫(ももももひめ)のところへ、鬼を引きつれた常夜御前(とこよごぜん)があらわれます。桃の都を乗っ取ろうとたくらむ鬼たちでしたが、そこへ、桃太郎たちが帰ってきてはげしい立廻りの後、姫たちをすくいます。こうして、桃太郎と百桃姫はめでたくむすばれ、平和を取りもどした桃の都では、おおぜいの踊り子(おどりこ)たちが舞踊を披露(ひろう)し、はなやかな宴(うたげ)が開かれるのでした。

登場人物

登場人物 相関図

観劇ポイント

歌舞伎(かぶき)とは

歌舞伎は、いまから四百年以上(いじょう)前の江戸時代(えどじだい)のはじめに始まった芸能(げいのう)です。「出雲阿国(いずものおくに)」という女性(じょせい)が始めた「かぶき踊り」がスタートだと言われています。もともと女性が男性(だんせい)の姿などかわった衣裳(いしょう)で踊りなどをお客さんに見せていたものが、だんだんと、男性が女性の役も演じ、物語のあるお芝居(しばい)を見せるようになりました。
「歌舞伎」という名前は「傾く=かぶく」という言葉がもとになっています。「かぶく」というのは「みんなとちがう、めだつようなかわったことをする」という意味です。今では「歌=音楽」「舞=おどり」「伎=演技」という歌舞伎の大事な要素(ようそ)をあらわす漢字をあてはめて使われるようになりました。長い歴史(れきし)の中でつくられてきた、日本らしい音楽に乗せて、かっこいいしぐさや形、リズムのよいことばの台詞(せりふ)を楽しむことができます。

花道(はなみち)とは

舞台から客席(きゃくせき)に向かって張り(はり)出している道のような舞台のことです。大切な人物の「出」とよばれる登場(とうじょう)や「引っ込み(ひっこみ)」とよばれる退場(たいじょう)の時に使われます。客席の間を通るので、お客さんは目の前で俳優(はいゆう)さんの姿(すがた)をみることができます。

定式幕(じょうしきまく)とは

舞台で横向きに開け閉めできる幕(まく)のことです。
歌舞伎座の定式幕は、左から「黒」・「柿(かき)=だいだい」・「萌葱(もえぎ)=みどり」の順(じゅん)の三色の幕です。

柝(き)とは

歌舞伎のお芝居では、お芝居のはじめや終わり、大事なきっかけの時に、拍子木(ひょうしぎ)を打ち合せて高くひびく合図の音を出すことを、「柝」を打つ、または「柝」を入れるといいます。「狂言作者(きょうげんさくしゃ)」とよばれる舞台の進行を管理(かんり)しているひとが打っていて、舞台の進行のきっかけを、お客さん、俳優さん、スタッフさんに知らせたりするとともに、お芝居の重要(じゅうよう)な効果(こうか)になっています。

ツケとは

お芝居の音を「つける」ことから名前がついており、効果音として、場面をもり上げます。「見得(みえ)」をするときなどにも、「ツケ」が打たれます。
舞台のはしにいるツケ打ちさんが、お芝居をみながらタイミングを合わせて、2本の木を板に打ちつけて音を出します。

見得とは

お話の大切な場面で、お客さんの注目を集めるためにポーズをきめることです。
戦隊(せんたい)ヒーローのきめポーズも、歌舞伎の見得からきていると言われています。『百桃かたり』でも、見得の場面があり、お役によってポーズがちがいます。
それぞれのキャラクターらしさが見得にあらわれているので、注目してみてくださいね。

百桃かたり公演情報
歌舞伎の舞台(ぶたい)にかかせない豪華(ごうか)スタッフが、「こども歌舞伎スクール寺子屋」のために新しく作った舞踊劇(ぶようげき)。百桃かたり
【2019年8月公演】
百桃かたり
歌舞伎の舞台(ぶたい)にかかせない豪華(ごうか)スタッフが、「こども歌舞伎スクール寺子屋」のために新しく作った舞踊劇(ぶようげき)。
2019.07.05
概要・レポートはこちら
歌舞伎の舞台(ぶたい)にかかせない豪華(ごうか)スタッフが、「こども歌舞伎スクール寺子屋」のために新しく作った舞踊劇(ぶようげき)。百桃かたり
【2019年3月公演】
百桃かたり
歌舞伎の舞台(ぶたい)にかかせない豪華(ごうか)スタッフが、「こども歌舞伎スクール寺子屋」のために新しく作った舞踊劇(ぶようげき)。
2018.11.20
概要・レポートはこちら
木挽町わかば座

中学生による演目の解説、名作歌舞伎公演

詳細はこちら
ニュース

公演に関するお知らせ

詳細はこちら

ホーム寺子屋とはお知らせお稽古先生紹介生徒募集歌舞伎子役とはよくある質問


個人情報保護方針

© SHOCHIKU Co.,Ltd. All Rights Reserved.

このページのトップへ