歌舞伎アカデミー こども歌舞伎スクール 寺子屋

松竹

9期生の募集は2022年冬頃より

03-5550-1678 受付時間:平日10:00~18:00(※木曜を除く)

お問合せはコチラ

ニュース

中学部門女子舞踊コース 2021年度成果披露公演「寺子屋乙女かぶき『本朝不思議之國 夢逢姫』」を上演しました!

2022年4月21日

 こんにちは!寺子屋事務局です!

 

 3月20日(日)、21日(月・祝)、歌舞伎座ギャラリー木挽町ホールにて、中学部門女子舞踊コースの2021年度成果披露公演「寺子屋乙女かぶき『本朝不思議之國 夢逢姫』」を上演しました。

 

14★.jpg

 

 

 「寺子屋乙女かぶき『本朝不思議之國 夢逢姫』」は、中学部門女子舞踊コースで日本舞踊の基礎などを学んできた生徒たちへ向けて、新たな試みとして書き下ろされた新作。

 「不思議の国のアリス」を題材に、その不思議で可愛らしい世界観を歌舞伎として描いた本作は、戸部和久脚本、藤間勘十郎演出・振付、苫舟作曲、藤舎千穂作調、前田剛美術、平野茂照明という、歌舞伎の本興行も支えるスタッフ陣によって製作されています。

 

 

 舞台は、或る州の姫君・()姫が、許嫁である()貴之())へいよいよお輿入をする日。幕があくと、迷子になった姫を探す腰元二人(お瑠璃()・お伽羅())と信貴之助の奴・()太郎()がコミカルなやりとりを繰り広げ、客席も和んだ様子です。そこに藍姫が一人登場してさまよっている中、うさぎの()))丸がやってきました。逃げ出していった兎丹角丸を追いかけ、藍姫が不思議の国の穴に飛び込んでいくと、観客も不思議の世界へと誘われていきます。

 

2★.jpg

▲左から、お伽羅、鏡太郎、お瑠璃

 

 

3★.jpg

▲藍姫(左)と兎丹角丸(右)

 

 

4★.jpg

▲不思議の国の穴に飛び込んでいく藍姫

 

 第二場、桜と向日葵と椿が咲く不思議な情景が広がる中、三人の姫たち(()姫・()()()姫)が華やかな踊りを披露します。そこへ茶人・永休(、仲間の三月())が現れて茶会の踊りとなり、場内は楽しく賑やかな雰囲気に包まれました。

 そこへやってきた藍姫は、一場の赤姫の衣裳とは打って変わって、“アリス”のイメージを彷彿とさせる衣裳。永休がお茶にまつわる早口言葉を披露すると、客席からは思わず笑いが起こりました。

 

5★.jpg

▲お茶会の踊りの様子

 

 永休たちが去っていくと、そこへ“チェシャ猫”ならぬ知恵者()()が登場。不思議の国の秘密を歌舞伎舞踊の物語で表現し、観客を一層不思議の国の世界へと引き込んでいきます。知恵者猫から話を聞いた藍姫は、不思議の国の女王・朱雀()()に会いに行くことを決心するのでした。

 

 

6★.jpg

▲知恵者猫(左)と藍姫(右)

 

 ところ変わって宮殿の場。信貴之助にそっくりの皇子・雅樂()皇子()には、かつて“()()”という許嫁がいましたが、女王・朱雀王の手によって姫を亡き者にされ、今は宮殿で囚われの身。雅樂皇子を慕う朱雀王と二人で舞踊『黒髪』をもとにした場面を披露し、男女の情を艶やかに表現します。

 

 

7★.jpg

▲雅樂皇子(左)と朱雀王(右)

 

 その後、家来である()())()()()から、秋姫に似た女(藍姫)が現れたと聞いた朱雀王は、永休らを呼び出して詮議を開始。怒りに震える朱雀王の迫力は、登場人物たちだけではなく客席をも圧倒するほどです。

 

8★.jpg

▲詮議の様子

 

 捕えられ連れてこられた藍姫のことを、雅樂皇子は、“秋姫の生まれ変わりに違いない”と思ってかばおうとします。それを見て怒り心頭の朱雀王。逃げようとする二人を連理引きで引き寄せてきまると、その迫力に客席からは大きな拍手が起こりました。

 

9★ .jpg

▲連理引きのきまり

 

 いばらの縄で縛られてしまった藍姫が、どうにか縄をほどこうと、『金閣寺』雪姫の爪先鼠のように足元の花びらで鼠を描き出す場面は、本作の一番の見どころです。竹本の音楽にあわせた台詞回しや踊りを、観客は息をのんでみつめていました。

 

 

10★ .jpg

▲縄をほどこうとする藍姫

 

 鼠に呼び出されてやってきた知恵者猫から、不思議な力を出せる力餅をもらった藍姫。餅を食べて藍姫の身体が大きくなっていく場面は、歌舞伎らしい大らかな演出で、楽しい場面です。

 

 

11★ .jpg

▲知恵者猫からもらった力餅を食べる藍姫

 

 藍姫たちが逃げ出したと知って益々怒る朱雀王のところへ、颯爽と登場し勝負を挑む雅樂皇子。最後は藍姫と朱雀王との対決となって激しい立ち廻りを見せると客席は大いに沸きます、

 

 

12★.jpg

▲朱雀王と雅楽皇子の立ち廻り

 

第三場、藍姫が不思議の国の夢から覚めて信貴之助と出会う大団円を迎えると、大きな拍手が送られました。

 

13★.jpg

▲第三場

 

 

 幕間を挟んだのち、所作事『歌舞伎國乙女三番叟()』が披露され、各役の個性を生かした踊りや美しい総踊りに客席も大いに華やぎます。

 13名の乙女たちの熱演に、満席の客席からは惜しみない拍手が送られました。

 

 

 

 本公演は、歌舞伎コースの公演「木挽町わかば座『菅原伝授手習鑑 車引』」と合わせて、歌舞伎オンデマンドにて4月22日(金)より配信開始!

 

 生徒たちの熱い舞台をどうぞ配信でもお楽しみください。

 

 

 

配信に関する詳細はこちらから

 

 

公演情報は下記リンクよりご確認ください!

 

faq_terako.png

寺子屋乙女かぶき『本朝不思議之國 夢逢姫』:https://www.shochiku.co.jp/terakoya/news/2021/12/post-143.html

 

 

ya-bo.png

木挽町わかば座『菅原伝授手習鑑 車引』:https://www.shochiku.co.jp/terakoya/news/2021/12/post-142.html

 

 

 

 

 

寺子屋お知らせメールサービス

HPの「お知らせ」を更新した際にメールでお知らせします。

メールアドレス(terakoya@shochiku.co.jp

までお名前と「メールでのお知らせ希望」と記載の上、ご送信ください。

 

 

百桃かたり

小学生によるオリジナル舞踊劇『贋作桃太郎 百桃かたり』

詳細はこちら
夢逢姫

女子生徒による 寺子屋乙女かぶき『本朝不思議之國 夢逢姫』

詳細はこちら
木挽町わかば座

中学生による演目の解説、名作歌舞伎公演

詳細はこちら
ニュース

公演に関するお知らせ

詳細はこちら

ホーム寺子屋とはお知らせお稽古先生紹介生徒募集歌舞伎子役とはよくある質問


個人情報保護方針

© SHOCHIKU Co.,Ltd. All Rights Reserved.

このページのトップへ