• お知らせ
  • 松竹大谷図書館によるクラウドファンディング【第6弾】歌舞伎や映画、銀幕が伝えた記憶を宝箱で守る。」プロジェクト

お知らせ

2017.09.05

松竹大谷図書館によるクラウドファンディング【第6弾】歌舞伎や映画、銀幕が伝えた記憶を宝箱で守る。」プロジェクト

公益財団法人 松竹大谷図書館では、同図書館運営費及び所蔵資料の保存容器の制作費の募集を目的とした「【第6弾】歌舞伎や映画、銀幕が伝えた記憶を宝箱で守る。 」プロジェクトを、本日9月5日より、クラウドファンディングサイト「Readyfor(レディーフォー)」にて開始いたしました。 松竹大谷図書館は、演劇・映画専門の私立図書館として、台本やプレスシートなど市販されない多くの貴重な資料を所蔵し、一般に公開する公益性の高い図書館事業を行っています。なかでも松竹の映画作品について、公開当時の新聞や雑誌などに掲載された紹介記事が、作品ごとにスクラップ帳に貼り込まれた【映画スクラップ】は、 松竹大谷図書館にしかない貴重な資料です。 本年の【第6弾】プロジェクトでは、同図書館の事業を縮小することなく継続して行うと共に【映画スクラップ】の保存にも取り組みます。

【概要】
プロジェクト名:
「【第6弾】歌舞伎や映画、銀幕が伝えた記憶を宝箱で守る。」
■募集期間:2017年9月5日~10月25日(50日間)
■目標金額:250万円  
・図書館の平成29年度運営資金として:160万円
・【映画スクラップ】のアーカイバル容器制作費用として:90万円
■募集金額設定:一口 3,000円/5,000円/10,000円/30,000円/50,000円

支援金額に応じて、当プロジェクト限定『助六由縁江戸桜』と『東京物語』の台本表紙デザインの文庫本カバーや、所蔵している歌舞伎・映画台本のうち200タイトルの中から支援者にお好きな作品を選んで頂き、その台本カバー(台本を保護するための手作りカバー)に支援者のお名前を載せる権利など、趣向を凝らしたリターンが設定されています。

詳しくは下記「Readyfor」のプロジェクトページをご覧下さい。

【第6弾】「歌舞伎や映画、銀幕が伝えた記憶を宝箱で守る。」プロジェクトページはこちら