企業情報

社長挨拶

ご挨拶

当社は、1895(明治28)年の創業以来、日本固有の伝統芸能に深く関わってまいりました。特に歌舞伎は、一私企業である当社が創業以来百十余年にわたり支え続けております。当社はこれからも、日本が世界に誇る伝統芸術である歌舞伎の継承と発展に努め、世界文化にも貢献できるよう邁進してまいります。 一方で、映画事業についても、その草創期から関わってまいりました。日本初のトーキー映画やカラー映画の製作を手がけるなど、時代をいち早く察知し、常に新しいことに挑戦し続け、数々の名作、話題作を手がけています。インターネットでは代替できない、質の高い松竹らしい作品をこれからも作り続けてまいります。 当社は、総合エンタテインメント企業として、強いコンテンツの創造と多角的事業展開に取り組み、日本にとどまらず、世界中のお客さまからご支持いただける企業を目指しております。 松竹というブランドに更に磨きをかけるべく、社員一丸となって新たな挑戦をしてまいりますので、皆様のご理解と温かいご支援をお願い申し上げます。 当社の事業は、常に時代ごとの観客のニーズや新しい技術を吸収し、変化を続けてきました。変化を恐れずに新たな挑戦を続け、皆様に良質な体験をお届けしてまいりますので、皆様のご理解と温かいご支援をお願い申し上げます。

松竹株式会社 代表取締役社長 迫本 淳一