企業情報

松竹の歴史

1895(明治28)年
創業の年
大谷竹次郎、京都・新京極阪井座の仕打(興行主)となる
1902(明治35)年

白井松次郎、大谷竹次郎の名前にちなみ大阪朝日新聞に「松竹(まつたけ)の新年」の記事が掲載され、まもなく松竹(まつたけ)合資会社をおこした。後に松竹合名会社となり、明治末期に松竹合名社となった。

1909(明治28)年

人形浄瑠璃文楽座を直営として初興行

1910(明治43)年

新富座を買収、東京に進出

1914(大正3)年
歌舞伎座を直営とする
1920(大正9)年設立
松竹キネマ合同社設立
蒲田撮影所開設
帝国活動写真株式会社を設立
1921(大正10)年

帝国活動写真株式会社を松竹キネマ株式会社に改称
同時に松竹キネマ合名社を吸収、本社を東京・本郷区より京橋区に移転

1923(大正12)年

大阪松竹座開場

1924(大正13)年

東京株式取引所、大阪株式取引所に株式上場

1920年(設立)
<映画>
松竹キネマ作品『島の女』
1928(昭和3)年

東京松竹楽劇部創設

1929(昭和4)年

京都南座改装会場
全歌舞伎座俳優、松竹傘下となる

1930(昭和5)年
東京劇場新築開場、尾上菊五郎・市村羽左衛門・尾上梅幸一座による披露興行
1936(昭和11)年                          
大船撮影所開設(蒲田撮影所閉鎖)
1937(昭和12)年
松竹興行株式会社を吸収合併し、社名を松竹株式会社に改称
浅草国際劇場開場、松竹少女歌劇団披露興行
1940(昭和15)年
京都太秦撮影所開設
新橋演舞場直営開場、曾我廼家五郎劇で第1回興行
1946(昭和21)年

松竹京都映画株式会社設立

1948(昭和23)年

角座、映画館に転向

1949(昭和24)年

東京・大阪・名古屋・福岡各証券取引所に株式上場
株式会社歌舞伎座設立

1928(昭和3)年
<歌舞伎>
初の歌舞伎海外公演(市川左團次一座によるソビエト公演)
1931(昭和6)年
<映画>
日本初の本格的トーキー『マダムと女房』
1936(昭和11)年

<歌舞伎>
歌舞伎座で第1回團菊祭公演(九代目市川團十郎・五代目尾上菊五郎胸像建設記念)

1938(昭和13)年
<映画>
『愛染かつら』公開
1950(昭和25)年

札幌証券取引所に株式上場
プロ野球チーム「松竹ロビンス」発足
東劇、ロードショー映画館に転向

1951(昭和26)年
戦災より歌舞伎座復興開場

京都撮影所(旧太秦)開所

1955(昭和30)年

大谷竹次郎会長、文化勲章受賞

1956(昭和31)年

東京中央区築地に松竹会館が落成し、本社移転

1957(昭和32)年

松竹衣裳株式会社設立

1958(昭和33)年

財団法人松竹大谷図書館開館
角座、演芸場に転向
新宿松竹センター開場

1964(昭和39)年

京都松竹ビル竣工、引き続き第2・第3ビル建設

1951(昭和26)年

<歌舞伎>
初代中村吉右衛門一座で披露興行
<歌舞伎>
歌舞伎座にて舟橋聖一『源氏物語』を劇化上演、大ヒット

<歌舞伎>
六代目中村歌右衛門襲名披露興行
<映画>
日本初のカラー劇映画
『カルメン故郷に帰る』公開
1953(昭和28)年
<映画>
『君の名は』公開
<映画>
『東京物語』公開

<歌舞伎>
歌舞伎座で初の天覧歌舞伎

1954(昭和29)年
<映画>
『二十四の瞳』公開
1957(昭和32)年
<映画>
『喜びも悲しみも幾歳月』公開
1959(昭和34)年
<映画>
『人間の條件』公開(1961年までに全6部公開)
1960(昭和35)年
<歌舞伎>
日米修好百年記念行事の一環で、初の渡米歌舞伎海外公演
1962(昭和37)年
<歌舞伎>
十一代目市川團十郎
襲名披露興行
<映画>
『切腹』公開
1969(昭和44)年
<映画>
『男はつらいよ』シリーズ第一作目公開(1995年までに全48作公開)
1972(昭和47)年
<演劇>
松竹新喜劇、初のリクエスト公演
1973(昭和48)年
<歌舞伎>
七代目尾上菊五郎襲名披露興行
1974(昭和49)年
<映画>
『砂の器』公開
1975(昭和50)年

東劇ビル竣工
映画館「東劇」開場
歌舞伎座でイヤホンガイド実施

1980(昭和55)年

梅田松竹会館開業

1981(昭和56)年

大船松竹ショッピングセンター新築開場

1984(昭和59)年

有楽町センタービル(マリオン)1期ビル完成、同ビル内に丸の内ピカデリー1・2開場

1986(昭和61)年

大阪道頓堀、角座ビル竣工

1987(昭和62)年
有楽町センタービル(マリオン)2期ビル完成、同ビル内に丸の内松竹(現、丸の内プラゼール)新規開場 歌舞伎座開場百年祝賀古式顔寄せ手打ち式
1991(平成3)年

京都南座新装開場

1992(平成4)年

博多STビル竣工
株式会社衛星劇場設立

1995(平成7)年 松竹創業100年

鎌倉シネマワールド開場

1996(平成8)年

株式会社松竹マルチプレックスシアターズ、株式会社伝統文化放送、株式会社博多座設立

1997(平成9)年

大阪松竹座新築開場

1998(平成10)年

本社を中央区築地・東劇ビル(現在地)に移転

1999(平成11)年
永山武臣会長、フランス「レジオン・ドヌール勲章シュバリエ」叙勲
神戸国際松竹開業
レストラン事業店舗展開開始
1977(昭和52)年
<映画>
『幸福の黄色いハンカチ』公開
<映画>
『八つ墓村』公開
1981(昭和56)年
<歌舞伎>
九代目松本幸四郎襲名披露興行
1982(昭和57)年
<映画>
『蒲田行進曲』公開
1983(昭和58)年

<映画>
『男はつらいよ』、第30作「花も嵐も寅次郎」をもって、ギネスブックに登録

1985(昭和60)年
<歌舞伎>
十二代目市川團十郎襲名披露興行
1986(昭和61)年
<歌舞伎>
市川猿之助スーパー歌舞伎『ヤマトタケル』二ヶ月ロングラン公演
1987(昭和62)年
<演劇>
新派百年記念公演
1988年(昭和63年)

歌舞伎座百年記念興行

<映画>
『釣りバカ日誌』シリーズ第一作目公開(2009年までに全22作公開)
1993(平成5)年

<映画>
『学校』シリーズ第一作目公開(2000年までに全4作公開)
<歌舞伎>
歌舞伎座で三部制による納涼歌舞伎

1994(平成6)年

<歌舞伎>
シアターコクーンにて初の歌舞伎公演「東海道四谷怪談」

1999(平成11)年)

<歌舞伎>
南座発祥三百八十年記念吉例顔見世興行

2000(平成12)年

新木場ネガ・プリント倉庫竣工
大船撮影所閉所

2001(平成13)年

MOVIX京都開場

2002(平成14)年

ADK松竹スクエア(東京都中央区)竣工

小津安二郎生誕100年記念プロジェクト発足

梅田ブルグ7開場
札幌シネマフロンティア株式会社設立

2003(平成15)年

株式会社松竹シネプラッツ設立

2004(平成16)年

株式会社松竹エンタテインメント、株式会社トライメディア、株式会社松竹ニューセレクト設立
十一代目市川海老蔵襲名
日本初の個人向け映画ファンド『忍-SHINOBI-』募集

2005(平成17)年 松竹創業百十年

新橋演舞場新装開場
歌舞伎、ユネスコの世界無形文化遺産に登録
松竹百十周年記念女優オーディション「松竹STARGATE」開催
十八代目中村勘三郎襲名
四代目坂田藤十郎襲名
第55回ベルリン映画祭にて企業・団体として初めて松竹がベルリナーレ・カメラ賞を受賞

2006(平成18)年

歌舞伎公式ウェブサイト「歌舞伎美人(かぶきびと)」開設

2008(平成20)年

歌舞伎座百二十年
新派百二十年

新宿ピカデリーオープン
『男はつらいよ』
誕生40周年プロジェクト
2010(平成22)年

歌舞伎座建替えのため閉場

2012(平成24)年
歌舞伎座新開場
歌舞伎座ギャラリーオープン

小津安二郎 生誕110年プロジェクト

2014(平成26)年

こども歌舞伎スクール「寺子屋」第一期生入校式

2015(平成27)年

松竹ナビ株式会社設立
株式会社ショウビズスタジオが創立50周年を迎え、社名を松竹ショウビズスタジオ株式会社に変更

2017(平成29)年

『KABUKI LION 獅子王』、超歌舞伎『今昔饗宴千本桜』がクールジャパン・マッチングアワード・グランプリ受賞
『今昔饗宴千本桜』がデジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤ-’16最優秀賞受賞

2000(平成12)年

<歌舞伎>
平成中村座初興行

2002(平成14)年

<映画>
『ロード・オブ・ザ・リング』『たそがれ清兵衛』公開

2003(平成15)年

<歌舞伎>
歌舞伎四百年記念興行、一年間歌舞伎上演の各劇場で謳う

2004(平成16)年
小津安二郎生誕100年記念プロジェクト発足
2005(平成17)年

<映画>
シネマ歌舞伎第一作『野田版鼠小僧』公開

2006(平成18)年

<映画>
METライブビューイング上映
<映画>
『武士の一分』公開

2009(平成21)年

<映画>
『おくりびと』が第81回アカデミー賞外国語映画賞受賞