大阪松竹座2月

印刷する
喜劇 有頂天一座
画像を拡大する

二月喜劇名作劇場

喜劇 有頂天一座

2018年2月16日(金)~23日(金)
12月7日(木)チケット受付予約開始

『喜劇 有頂天一座』のチラシ画像はこちら
 
【ご観劇料(税込)】
1等席 12,000円
2等席 7,000円
3等席 4,000円

新橋演舞場公演はこちら

日程 昼の部 夜の部
2月16日(金) 11:30 -
2月17日(土) 11:30 16:00
2月18日(日) 11:30 16:00
2月19日(月) 11:30 -
2月20日(火) 11:30 16:00
2月21日(水) 11:30 16:00
2月22日(木) 11:30 -
2月23日(金) 11:30 16:00

 

見どころ

【解説】
『喜劇 有頂天一座』は、昭和34年9月に『女剣劇朝霧一座』という題名で、初代水谷八重子と市川翠扇のコンビに、大御所の伊志井寛、大矢市次郎を加えて初演された、北條秀司による喜劇作品です。女剣劇の世界で巻き起こる座長の座を巡っての壮絶な女いくさをコメディータッチで描き大好評を博しました。
その後二度再演され、二代目水谷八重子・波乃久里子を始めとした劇団新派、更に十二世市川團十郎らによって受け継がれてきました。
熾烈な女の闘いを描いてはいますが、そこには作者北條秀司の人間の愚かな業欲を愛おしく包み込む愛情が感じられ、現代社会が置き忘れてしまった、人間の愚かさを”人間らしさ”と許容する温かい視点を感じる作品です。
今回は、『喜劇 有頂天旅館』に続き、渡辺えり・キムラ緑子コンビが取り組む”有頂天シリーズ”第2弾としてお贈りいたします。

【物語】  
昭和30年代。上州の或る田舎町の駅前の休憩所に女剣劇一座の女達が入って来た。女剣劇は浅草でもストリップに押されて止むなく旅回りという憂き目に合っていたのだ。

座長の二代目朝霧恵美子(渡辺えり)も昔とは格段に待遇が落ちた今の扱いにも泣き寝入りするしかなかった。そこに、今映画で人気の高い嵐玉之介(段田安則)がやって来た。彼は元浅草の役者で恵美子とは契り合った仲だったのだ。
玉之介は旅先の気まぐれから恵美子をその夜の泊り先の温泉宿に誘った。宿には玉之介の弟子の康弘(林翔太)と、恵美子の若い女弟子の小夜子(キムラ緑子)の二人だけが供をしていた。小夜子はドライな女で、先輩を出し抜いても恵美子に胡麻をすり、出世を窺う野心家である。彼女は康弘に口説かれると、映画進出を売り込んだりする。

数時間後、恵美子と玉之介は逃亡中の強盗捜査の臨検の刑事に起こされた。人気稼業の二人だけに玉之介だけが刑事に会ったが女も出せという事になった。と、次の間から現れたのは、身替りとなった小夜子だった。
恵美子はパトロンの興行師の浅倉(村田雄浩)の目は誤魔化せたが、一方で、小夜子がこのスキャンダルで大変な人気者となってしまう。その人気で女剣劇を再生しようとする浅倉と、有名になろうとする小夜子の思惑が合致して、恵美子は座長の座を脅かされる事になる。

ついに新橋演舞場での小夜子の三代目朝霧恵美子襲名披露公演が実現し、お先棒をかつぎマネージャーに鞍替えした康弘と協力して、小夜子は日米合作映画の主役にも決まった。
小夜子は勝ち誇ったように浅倉に意外な事を語った。この意外な事実とは…。

キャスト


   
北 條  秀 司  作 『女剣劇朝霧一座』より
齋 藤  雅 文  演出

座長 恵美子  :  渡 辺  え    り
 
       
弟子 小夜子  :  キムラ  緑   子
 
       
弟子 康弘  :              翔   太 (宇宙Six/ジャニーズJr.)
       
興行師 浅倉  :  村  田  雄  浩  
       
映画俳優 玉之介  :  段  田  安  則
 

 

12月7日(木)10:00よりWeb・電話受付開始

お電話からご購入チケットホン松竹(午前10時~午後6時・当日券はご予約いただけません)
  • パソコンからご購入チケットWeb松竹(24時間受付)
  • スマホからご購入チケットWeb松竹(24時間受付)
  • 携帯からご購入チケットWeb松竹携帯版(24時間受付)

(パソコン・携帯電話より24時間受付 発売初日は10:00から)

松竹歌舞伎会へのご入会で、先行発売をはじめとする会員限定の7大特典がご利用いただけます!
公演予定(演目・出演者・期間・料金等)は予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。