映画・アニメの世界

【作品データベース】島の女

作品情報

INTRODUCTION
上映時間・30分
山崎紫紅の原作を木村錦花が脚色して、松竹キネマ創立披露第1回作品となった。3巻ものとよばれる30分程度の作品だった。1,920(大正9)年11月1日、山田耕筰指揮の大オーケストラの演奏で歌舞伎座で公開された。

STORY
村に住む若者・宗次(中村鶴蔵)と、海の向こうの小島に住む・お良(川田芳子)は親密な関係にある。宗次は松の木陰で火を焚いてお良が島から村へ渡ってくる合図とした。しかし、大嵐の夜それに嫉妬した村の女が火を焚く。それを見たお良は海を泳いで渡ろうとするが、溺死してしまう。宗次はそれを知り、村の女を殺し、自らも自殺する。

キャスト・スタッフ

- キャスト -
川田芳子
中村鶴蔵
静香八千代

- スタッフ -
原作:山崎紫紅
監督:ヘンリー・小谷
監督:木村錦花
脚色:木村錦花
撮影:ヘンリー・小谷

配給:松竹
©1920松竹株式会社

ジャンル:時代劇