映画・アニメの世界

【作品データベース】紀ノ川 花の巻・文緒の巻

作品情報

INTRODUCTION
上映時間・173分
有吉佐和子原作の同名小説を『天国と地獄』の久板栄二郎が脚色、『暖春』の中村登が監督した文芸もの。明治・大正・昭和と生きた美しく聡明な女性・花の生涯を通して、女性の生命の力強さと豊かな母性を描く。

STORY
第一話・花の巻・明治32年、22歳の春を迎えた紀本花(司葉子)は紀州有功村六十谷の旧家真谷家に嫁いだ。夫敬策(田村高廣)は24歳の若さで村長の要職にあった。婚儀は盛大なものだったが、花を好いていた敬策の弟浩策(丹波哲郎)はうかぬ顔たった。翌年の春、ようやく真谷家の家風に慣れた花は身ごもった。そして花は、実家の祖母豊乃(東山千栄子)に教えられて慈尊院へ自分の乳房形を献上し、安産を祈った。紀ノ川が台風に荒れ狂う秋、長男政一郎(中野誠也)が産れた。長男誕生に喜んだ敬策は紀ノ川氾濫を防ぐ大堤防工事を計画するのだった。日露戦争が始まった年、浩策は持山全部をもらって分家し、敬策は県会議員に打って出ようと和歌山市内に居を移した。やがて花は、日本海海戦大勝利の中で長女文緒(岩下志麻)を産んだ。 ◇第二話・文緒の巻・17歳の文緒(岩下志麻)は和歌山高女に学び、新時代に敏感な少女に成長した。そして、新思想の教師が追放されると学校当局と派手に渡りあったりして花を嘆かせた。東京女子大に進学した後も、男女平等を標榜しカフェに出入りしたり、「女権」という同人雑誌の編集に参加したりして敬策や花を心配させた。文緒には真谷家という家門や昔風の美徳に生きる花に対する反撥があったのだ。卒業後文緒は同人仲間の晴海英二と結婚した。晴海は日本正金銀行の社員で家柄もよく、二人の結婚は花や敬策の望むものでもあった。昭和初年、真谷敬策は中央政界に進出した。一方、夫の転勤と共に上海に渡った文緒は生後間もない長男を失い、二度目の出産のため日本に帰った。文緒はすっかり変わっていた・・・。

キャスト・スタッフ

- キャスト -
岩下志麻
司葉子
有川由紀
東山千栄子
田村高廣
丹波哲郎
- スタッフ -
原作:有吉佐和子
監督:中村登
脚本:久板栄二郎
撮影:成島東一郎
音楽:武満徹

配給:松竹
©1966松竹株式会社

ジャンル:現代劇