映画・アニメの世界

【作品データベース】皇帝のいない八月

作品情報

INTRODUCTION
上映時間・140分
長く熱い8月-日本を震撼させた戦慄の24時間!乗客360人の命を人質にブルートレイン<さくら号>は夜の闇を突っ走る!その背後にひそむ巨大な陰謀とは!自衛隊によるクーデターを描いた小林久三の原作を、山本薩夫監督が映画化。鹿児島から東京へ向かう寝台特急。その列車には密かに二十数人の自衛隊クーデータメンバーが乗り込んでおり、やがて日本中を震撼させるであろう計画を着々と進めていた。

STORY
8月14日午前1時、盛岡市郊外。不審なトラックを追っていたパトカーが機関銃の乱射を受けて炎上、トラックは東京方面に走り去った。8月15日午前10時半、鹿児島。陸上自衛隊、警務部長の江見(三國連太郎)は郷里で亡妻の墓参り中に内閣情報室長の利倉(高橋悦史)からの連絡で、盛岡のパトカー炎上事件を知った。そして、自衛隊内外の不穏分子を列記したリストに昔の部下で、今は一人娘、杏子(吉永小百合)の夫である藤崎(渡瀬恒彦)の名を発見して愕然とする。帰京の途中、杏子の往む博多に立ち寄るが、杏子は、藤崎が運送業に打ち込んでいることを告げる。だが、江見が去った後、夫から東京に行くという手紙が届いた。同日午後6時半、博多駅。業界紙の記者、石森(山本圭)は取材を終え、帰郷すべく、「さくら号」を博多駅で待っていると時ホームを駆ける杏子の姿を見かけた。思いがけない再会、かつて二人は結婚を誓い合った仲なのだ。二人を乗せたブルートレインは静かにすべり出す。同日、東京首相官邸。佐林総理を囲んで緊急会議が開かれていた。大規模なクーデター発生の可能性を報告する利倉。自衛隊の軍隊化をめぐり、日本最大の黒幕、大畑(佐分利信)との対立が再燃した。同日午後8時1分、門司。石森は列車の下に動く怪しい男の影を発見。同日午後8時15分、下関。石森の要請で、車輪係員が列車を点検したが、危険物は発見されなかった。その直後、石森と杏子は一号車に連行され、そこに藤崎の姿を見た。杏子の不安が的中したのだ…。

キャスト・スタッフ

- キャスト -
渡瀬恒彦
吉永小百合
山本圭
三國連太郎
- スタッフ -
原作:小林久三
監督:山本薩夫
脚本:山田信夫
脚本:渋谷正行
脚本:山本薩夫
撮影:坂本典隆
音楽:佐藤勝

配給:松竹
©1978松竹株式会社

ジャンル:現代劇