映画・アニメの世界

【作品データベース】復讐するは我にあり

作品情報

INTRODUCTION
上映時間・140分
佐木隆三の直木賞受賞作で、5人を殺害した西口彰事件を題材にした長編小説である。「犯罪の総てを描くことで、私は現代と、現代人の存在の根を捉えようと思っている」鬼才、今村昌平が渾身の力を振り絞って挑んだ意欲作。!稀代の殺人鬼、榎津巌の犯行の軌跡と人間像を描いた作品。

STORY
日豊本線築橋駅近くで専売公社のタバコ集金に回っていた柴田種次郎、馬場大八の惨殺死体が発見され、現金41万円余が奪われていた。かつてタバコ配給に従事した運転手榎津厳(緒形拳)が容疑者として浮かんだ。榎津は駅裏のバー「麻里」のママ千代子を強姦、アパートに連れこんで関係を強要し続けるなど、捜査員の聞き込んだ評判も悪い。2ヵ月前までは、ヌードダンサー上りで「金比羅食堂」をやっていた吉里幸子と同棲、母子家庭をガタガタにもした。数日後、宇高連絡船甲板に幸子と両親宛ての榎津の遺書と、一足のクツが見つかり、投身自殺の形跡があった。偽装と疑った警官が別府市・鉄論で旅館を営む榎津の実家を訪れると、老父鎮雄(三國連太郎)、病身の母かよ(ミヤコ蝶々)、妻加津子(倍賞美津子)は泣きながら捜査の協力を誓う。一家は熱心なカトリック信者だが、戦争中、厳は、網元をしていた父が軍人に殴られ、無理矢理、舟を軍に供出させられた屈辱の現場を目撃して、神と父への信仰を失い、預けられた神学校で盗みを働いて少年刑務所へ送られ、その後も犯罪と服役を繰り返しその間に加津子と結婚した。結婚後、加津子も入信したが、榎津に愛想をつかし離婚、その後、尊敬する義父の懇望に従って再入籍。榎津は出所する度に父と加津子との仲を疑い、父に斧を振り上げるなど、一家の地獄は続いた・・・。

キャスト・スタッフ

- キャスト -
緒形拳
三國連太郎
倍賞美津子
小川真由美
- スタッフ -
原作:佐木隆三
監督:今村昌平
脚本:馬場当
撮影:姫田真左久
音楽:池辺晋一郎

配給:松竹
©1979 松竹株式会社/株式会社今村プロダクション

ジャンル:現代劇