映画・アニメの世界

【作品データベース】必殺! THE HISSATSU

作品情報

INTRODUCTION
上映時間・124分
「必殺シリーズ」通算600回記念として製作された作品。江戸の仕事人殱滅をたくらむ殺し屋軍団と戦う中村主水ほか仕事人の姿を描く。TV映画「必殺シリーズ」の映画化。

STORY
中村主水(藤田まこと)は奉行所の同心だが裏では、“仕事人”という非情な稼業をしていた。主水のグループは三味線ひきのおりく(山田五十鈴)を元締とし、おりくを母と慕う勇次(中条きよし)、かんざし職人の秀(三田村邦彦)、何でも屋の加代(鮎川いずみ)、医学生西順之肋(ひかる一平)がいる。江戸で身元不明の死体があちこちで見つかる。仕事人らしいと思われるその死体の口には三途の川の渡し賃、六文銭が……。それを聞いたおりくの顔色がかわった。ある日、愛しい人の仇をとってくれと十両そろえ、お君と名乗る女の子が現われた。調べてみるとお君は隠し売女。殺す相手はその売女宿の主・伝次で、その手下の仙太がお君の情婦で姿を消している。仕事にしようとした時、仙太は生きていることが判った。加代に詰問されたお君は、本当は可愛がっていた猫を伝次に惨殺されたという。お君は上方人形浄瑠璃の此竹朝之助と会い、彼に心情を話した夜、殺された。伝次と庄兵衛と名乗る男の江戸の仕事人殱滅計画を聞いてしまったのだ。朝之助は売女宿に出向き、伝次を殺した・・・。

キャスト・スタッフ

- キャスト -
藤田まこと
山田五十鈴
中条きよし
三田村邦彦
- スタッフ -
監督:貞永方久
脚本:野上龍雄
脚本:吉田剛
撮影:石原興

配給:松竹
©1984 松竹/朝日放送

ジャンル:時代劇