映画・アニメの世界

劇場アニメーション『がんばっていきまっしょい』

作品情報

ただ、一生懸命になってみたかった。
この秋、心が熱くふるえる青春小説、アニメ化

INTRODUCTION
1995年に「坊っちゃん文学賞」大賞を受賞した傑作小説「がんばっていきまっしょい」(敷村良子)。自然豊かな松山を舞台に、ボート部に青春をかけた女子高校生たちの成長を瑞々しく描く物語は、映画、ドラマと次々に実写化され、日本中に共感と感動を呼び、今回、初の劇場アニメーションとして誕生。はち切れるほど青く、まっすぐな物語に、あなたも、きっと心がふるえるー。

自分なんて特別じゃない―。そう思っていた。ボートに出会うまでは。

STORY
どこまでも広がる青い空と青い海。この日、三津東高校クラスマッチのボートレースが開催されていた。漕ぎ手を務めていた2年の村上悦子は、負けを確信し漕ぐのをやめる。やりたいことも見つからない。家と学校を往復するつまらない毎日だ。

ある日、悦子のクラスに転校生がやってきた。

クラスマッチを浜辺から見ていたという梨衣奈という名の転校生は、ボート部は廃部にも関わらず「ボート部に入りたい!」と初対面の悦子に熱弁を振るう。悦子と幼なじみの姫が力添えをしてボート部を復活させると、同学年の妙子、真優美も入部。名義貸しのつもりだった悦子もボートをやることになり、初心者5人の猛練習が始まった。

大会予選で惨敗し、自分たちのレベルを知ったボート部は、次こそは勝とうと気持ちをひとつにする。バラバラだった悦子たち5人の、濃くて、熱い毎日が、今走り出す―。

監督は、宮﨑駿監督の三鷹の森ジブリ美術館短編『毛虫のボロ』のCGディレクターを務め、『あした世界が終わるとしても』でアヌシー国際映画祭コンペティション部門にノミネートし注目を集める櫻木優平。脚本は『五等分の花嫁』の大知慶一郎が参加。『ラブライブ!』の西田亜沙子がキャラクターデザインを担当し、さわやかで繊細な物語を描く。

この秋、日本中が胸を熱くする青春アニメーション映画の新たな名作が誕生する。

キャスト・スタッフ

- キャスト -
村上 悦子役:雨宮 天
佐伯 姫役:伊藤美来
高橋 梨衣奈役:高橋李依
兵頭 妙子役:鬼頭明里
井本 真優美役:長谷川育美
- スタッフ -
原作:敷村良子 「がんばっていきまっしょい」(幻冬舎文庫)(松山市主催第4回坊っちゃん文学賞大賞受賞作品)
監督:櫻木優平
脚本:櫻木 優平 大知慶一郎 キャラクターデザイン:西田 亜沙子
CGディレクター:川崎 司 色彩設計:田中 美穂 美術監督:平良 晴佳 撮影監督:権田 光一
アニメーションプロデューサー:佐久間 周平 音楽:林 イグネル 小百合
アニメーション制作:萌 / レイルズ
協力:松山市 配給:松竹

関連動画

公式SNSアカウント

その他のおすすめ

テレビ(実写)

特集ドラマ「広重ぶるう」特集ドラマ「広重ぶるう」
2024年4月27日(土)よる8:40~10:30<BS2K>

映画

マイ・スイート・ハニー 「エクストリーム・ジョブ」のイ・ビョンホン脚本!国民的俳優ユ・ヘジン(「梟-フクロウ‐)が初のロマコメに挑む! もどかしくて、おかしくて、泣けるほど純粋なオトナの恋が始まる!
5月3日(金)丸の内ピカデリーほかにて全国公開

映画

ハロルド・フライのまさかの旅立ち 本屋大賞第2位のベストセラー小説を映画化!まさかの一歩が人生を変える、驚きと涙の感動作!

6月7日(金)全国公開

映画

九十歳。何がめでたい 「生きづらい世の中」に悩むすべての人に贈る、笑いと共感の痛快エンターテイメント!
2024年6月21日(金) 全国公開