映画・アニメの世界

シネマ歌舞伎『鷺娘/日高川入相花王』

作品情報

東劇ほか全国公開
INTRODUCTION
世界で大絶賛を浴びた伝説の舞台がスクリーンによみがえる――
狂おしい一途な恋心を、時に静かに時に華やかに踊り上げる「鷺娘」は女方の魅力が詰まったドラマティックな作品です。玉三郎は1978年の初演後、’84年には錚々たる世界的アーティストが顔をそろえたメトロポリタン・オペラハウス100周年記念のガラコンサートで上演し大喝采を浴びました。国内外で上演を重ねる毎にその圧倒的な美しさと完成度を高め、「鷺娘」は玉三郎の代表作の一つとなりました。しかし高度な技術に加え、数十キロにも及ぶ衣裳や鬘をつけ踊り続ける体力を要するため2009年の上演を最後とし、以降全編を踊ることはないと明言しています。
伝説の名舞台が、シネマ歌舞伎として再びスクリーンによみがえります。

こだわりぬかれた音の世界で臨場感あふれる観劇体験
本作は2006年シネマ歌舞伎公開当時のものから、新たに坂東玉三郎自身の監修のもと最新技術を駆使して補正・調整を行ったサウンドリマスター版となります。

STORY
「鷺娘」
しんしんと雪の降る水辺の柳の下に、蛇の目傘を差した白無垢姿の娘がひとり佇んでいます。娘は実は道ならぬ恋に悩む白鷺の精。一途な恋心を綴っていきますが、いつしか白鷺の姿に戻った娘は、遂げられぬ恋に苦しみもがき、降りしきる雪の中息絶えるのでした――(2005年5月歌舞伎座公演)

同時上映「日高川入相花王」
恋する安珍を追って日高川の渡し場にたどり着く清姫ですが、船頭は川を渡してくれません。安珍への嫉妬と恨みの激情を燃やす清姫はついに――。(2005年10月歌舞伎座)

フォトギャラリー

20190516_02
20190516_05
20190516_04
20190516_03

キャスト

- キャスト -
『鷺娘』配役
鷺の精:坂東玉三郎

『日高川入相花王』配役
清姫:坂東玉三郎
人形遣い:尾上菊之助
船頭:市川九團次

関連動画

公式SNSアカウント

その他のおすすめ

映画

決算!忠臣蔵 討入りするにも予算が必要!?
その総額、なんと9500万円!
赤穂浪士の本当のミッションは “予算内に討ち入ること”だった!
こんな忠臣蔵見たことない!
涙と笑いの予算達成エンタテインメント!

2019年11月22日(金)全国ロードショー

映画

午前0時、キスしに来てよ 片寄涼太&橋本環奈 W主演! 国民的スーパースターと普通の女子高生のリアル・シンデレラLOVEストーリー
2019年12月6日(金) 全国ロードショー

映画

男はつらいよ お帰り 寅さん 今、君たちは幸せかい?―
新時代を生きる私たちのために 今、寅さんがスクリーンに蘇ります!
シリーズ開始から50年目の50作目。待望の『男はつらいよ』最新作の登場です!

2019年 12月27日(金) ロードショー

映画

シネマ歌舞伎『廓文章 吉田屋』 仁左衛門、玉三郎の名舞台が新作としてスクリーンに初登場!
2020年1月3日(金)公開