映画・アニメの世界

松竹ブロードウェイシネマ「シラノ・ド・ベルジュラック」

劇場情報

東劇/109シネマズ二子玉川/MOVIXさいたま/なんばパークスシネマ/神戸国際松竹/ミッドランドスクエア シネマ/札幌シネマフロンティア/T・ジョイ博多

作品情報

INTRODUCTION
本作、ブロードウェイ再演版『シラノ・ド・ベルジュラック』は、エドモン・ロスタンによる戯曲であり、2007年にリチャード・ロジャース劇場で上演されました。プレビュー公演は10月12日から始まり、オープニングは11月1日で翌年1月6日に幕を閉じました。トニー賞作品『NINE』、『屋根の上のヴァイオリン弾き』等でも有名な奇才デヴィッド・ルヴォーが演出を務めています。1897年のエドモン・ロスタン戯曲を、アントニー・バージェス(『時計じかけのオレンジ』他)が脚色・脚本翻訳しました。主人公シラノ・ド・ベルジュラックをケヴィン・クラインが演じ、相手役ロクサーヌに、2019年、米ピープル誌の『最も美しい人』にも選ばれた女優ジェニファー・ガーナーが、シラノに助けられる若者クリスチャンを『プラダを着た悪魔』のダニエル・サンジャタが演じています。ファンの間でも伝説中の伝説となった演目とされています。

STORY
フランス軍隊に所属し、繊細な詩を綴り、人生観・世界観を多いに語り、剣術の達人であるシラ
ノは、気が強く美しいロクサーヌに恋心を抱いている。しかし、自分の見た目に自信が持てず告
白する事が出来ない。その時、ロクサーヌが友人のクリスチャンを慕っている事を知り、美青年で
はあるが勘がにぶいクリスチャンの代行で、ロクサーヌへラヴ・レターを書き続ける。そして、とう
とう本当の事がロクサーヌへ伝わってしまう…。

キャスト・スタッフ

- キャスト -
シラノ・ド・ベルジュラック役 ケヴィン・クライン
ロクサーヌ役 ジェニファー・ガーナー
クリスチャン・ド・ヌーヴィレット役 ダニエル・サンジャタ
- スタッフ -
原作 エドモン・ロスタン
翻訳・脚色 アントニー・バージェス
演出 デヴィッド・ルヴォー
プロダクション・ステージ・マネージャー メリーベス・アベル
ジェネラル・マネージメント シャーロット・ウィルコックス・カンパニー
プロデューサー スチュアート・レーン&ボニー・カムリー
装置デザイン トム・パイ
衣装デザイン グレゴリー・ゲイル
ヘア&かつらデザイン トム・ワトソン
米国/2007/ビスタサイズ/141分/5.1ch 日本語字幕スーパー版
配給:松竹

関連動画

公式SNSアカウント

その他のおすすめ

映画

劇場版ウルトラマンタイガ ニュージェネクライマックス 2013年の『ウルトラマンギンガ』から、最新作『ウルトラマンタイガ』へ―。 “ニュージェネレーションヒーローズ”が全員集合!
公開日未定

映画

劇場 芥川賞作家・又吉直樹による恋愛小説を映像化。
演劇の世界で夢を追う主人公・永田と、彼を信じ支えようとする沙希の、
生涯忘れることができない7年間の恋。
新たな時代に贈る、観た者の心に永遠に残る恋愛映画。

4月17日(金)ロードショー

映画

劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン 映画「聲の形」、「リズと青い鳥」など数々の作品を生み出している
京都アニメーションが贈る最新作。
2018年TVシリーズを経て、その先を描いた完全新作ストーリー。

2020年4月24日(金)公開

映画

サイダーのように言葉が湧き上がる 少年少女のみずみずしい感情弾ける青春ラブグラフティ!
2020年5月15日(金)全国ロードショー