映画・アニメの世界

松竹ブロードウェイシネマ「シラノ・ド・ベルジュラック」

劇場情報

東劇/109シネマズ二子玉川/MOVIXさいたま/なんばパークスシネマ/神戸国際松竹/ミッドランドスクエア シネマ/札幌シネマフロンティア/T・ジョイ博多

作品情報

INTRODUCTION
本作、ブロードウェイ再演版『シラノ・ド・ベルジュラック』は、エドモン・ロスタンによる戯曲であり、2007年にリチャード・ロジャース劇場で上演されました。プレビュー公演は10月12日から始まり、オープニングは11月1日で翌年1月6日に幕を閉じました。トニー賞作品『NINE』、『屋根の上のヴァイオリン弾き』等でも有名な奇才デヴィッド・ルヴォーが演出を務めています。1897年のエドモン・ロスタン戯曲を、アントニー・バージェス(『時計じかけのオレンジ』他)が脚色・脚本翻訳しました。主人公シラノ・ド・ベルジュラックをケヴィン・クラインが演じ、相手役ロクサーヌに、2019年、米ピープル誌の『最も美しい人』にも選ばれた女優ジェニファー・ガーナーが、シラノに助けられる若者クリスチャンを『プラダを着た悪魔』のダニエル・サンジャタが演じています。ファンの間でも伝説中の伝説となった演目とされています。

STORY
フランス軍隊に所属し、繊細な詩を綴り、人生観・世界観を多いに語り、剣術の達人であるシラ
ノは、気が強く美しいロクサーヌに恋心を抱いている。しかし、自分の見た目に自信が持てず告
白する事が出来ない。その時、ロクサーヌが友人のクリスチャンを慕っている事を知り、美青年で
はあるが勘がにぶいクリスチャンの代行で、ロクサーヌへラヴ・レターを書き続ける。そして、とう
とう本当の事がロクサーヌへ伝わってしまう…。

キャスト・スタッフ

- キャスト -
シラノ・ド・ベルジュラック役 ケヴィン・クライン
ロクサーヌ役 ジェニファー・ガーナー
クリスチャン・ド・ヌーヴィレット役 ダニエル・サンジャタ
- スタッフ -
原作 エドモン・ロスタン
翻訳・脚色 アントニー・バージェス
演出 デヴィッド・ルヴォー
プロダクション・ステージ・マネージャー メリーベス・アベル
ジェネラル・マネージメント シャーロット・ウィルコックス・カンパニー
プロデューサー スチュアート・レーン&ボニー・カムリー
装置デザイン トム・パイ
衣装デザイン グレゴリー・ゲイル
ヘア&かつらデザイン トム・ワトソン
米国/2007/ビスタサイズ/141分/5.1ch 日本語字幕スーパー版
配給:松竹

関連動画

公式SNSアカウント

その他のおすすめ

映画

シネマ歌舞伎『三谷かぶき 月光露針路日本 風雲児たち』 三谷幸喜 作・演出の新作歌舞伎が映画館に!
ロシアからふるさと日本への帰還を目指す
予測不能の歌舞伎ロードムービー誕生!

2020年10月2日(金)公開

映画

BURN THE WITCH 2020年、『BLEACH』の久保帯人が新たな物語を世界に放つ——。
2020年10月2日(金)イベント上映

映画

キーパー ある兵士の奇跡 第二次世界大戦後、ナチス兵がイギリスの国民的英雄にー。
どんな逆境も自分の手で変えられると教えてくれる
実話から生まれた感動の物語。

2020年10月23日(金)公開

映画

さくら 直木賞作家・西加奈子の傑作小説がついに映画化!
ヒーローだった兄の死から2年― ありふれた家族の、きれいごとじゃない物語。
北村匠海、小松菜奈、吉沢亮が兄弟妹で共演。主題歌には東京事変の書き下ろし曲が決定!

2020年11月13日(金)公開