映画・アニメの世界

Sonny Boy

2022年 アヌシー国際アニメーション映画祭 テレビ部門コンペティション作品ノミネート
第25回 ⽂化庁メディア芸術祭 アニメーション部門優秀賞受賞

作品情報

INTRODUCTION
誰もいない空っぽの教室、退屈な日々。それはいつもと変わらない夏休みのはずだった。突如、異次元を漂流し始めた学校と、そこに取り残され、超能力に目覚めた36人の少年少女。なぜ? どうして? ……次々と浮かぶ疑問の渦の中、理不尽に満ちた世界でのサバイバル生活が始まりを告げる。

世界的な大ヒットアニメ「ワンパンマン」の監督・夏目真悟と『サマーウォーズ』「DEATH NOTE」などを手掛けるアニメスタジオ・マッドハウスが贈る、青春SFサバイバル群像劇。再びタッグを組む両者だからこそ生み出せた、エッジの効いたビジュアルとユニークな世界観も、本作の魅力のひとつだ。またキャラクター原案として、マンガ家&イラストレーターとしてジャンルレスに活動を続け、多くの人々を魅了する江口寿史が参加。突如として、平穏な日常から放り出されてしまった少年少女たちの表情を、繊細に鮮烈に描き出してみせる。そして、本作の主題歌を銀杏BOYZが担当しているのも注目のポイントだろう。銀杏BOYZといえば、青春の痛みをヒリつくサウンドに乗せて、多くのファンを熱狂させてきたロックバンド。2005年にリリースしたアルバム「君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命」では、ジャケットイラストに江口寿史を起用したことでも話題を呼んだ。今回の主題歌「少年少女」では、子供と大人の間で揺れ動く思春期という青い季節を鮮やかなメロディラインで描き出し、「Sonny Boy」の世界観とも強く共振してみせる。ノイジーな音響の中を疾走する、ボーカル・峯田和伸の歌声も印象的だ。

「少年少女」たちがたどり着くのは地獄か、それともユートピアか。忘れられない「夏」が幕を開ける。


STORY
長い長い夏休みも半ばを過ぎた8月16日。学校に集まっていた中学3年生・長良〈ながら〉たちは突然、思いも寄らない事態に巻き込まれていた。長良自身はもちろんのこと、謎の転校生・希〈のぞみ〉や瑞穂〈みずほ〉、朝風〈あさかぜ〉ら、36人のクラスメイトとともに、学校が異次元に漂流してしまったのだ。しかも彼らは、漂流と同時にさまざまな《能力》を入手。人知を越えた能力に大喜びし、好き勝手に暴れ回る者もいれば、リーダーとして他の生徒たちを統率しようとする者も、元の世界に戻るための方法を必死で探す者もいる。渦巻く不信や抑えきれない嫉妬、そして支配欲からくる対立。次々と巻き起こる不可解な事態を前に、少年少女たちは突如として、サバイバル生活に放り込まれてしまう。果たして長良たちはこの世界を攻略し、無事に元の世界に帰ることができるのだろうか……?

キャスト・スタッフ

- キャスト -
長良:市川蒼、希:大西沙織、瑞穂:悠木碧、朝風:小林千晃
 
- スタッフ -
監督・脚本:夏目真悟
キャラクター原案:江口寿史 アニメーション制作:マッドハウス
キャラクターデザイン:久貝典史
美術監督:藤野真里(スタジオPablo) 色彩設計:橋本賢 撮影監督:伏原あかね 編集:木村佳史子
Music:落日飛車(Sunset Rollercoaster) VIDEOTAPEMUSIC ザ・なつやすみバンド ミツメ Ogawa&Tokoro 空中泥棒 カネヨリマサル toe コーニッシュ
音響監督:はたしょう二 音楽アドバイザー:渡辺信一郎
主題歌:銀杏BOYZ「少年少女」

関連動画

公式SNSアカウント

その他のおすすめ

映画

機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島いま、名もなき者たちの大いなる戦いが始まるーー。
2022年6月3日(金)全国ロードショー
Dolby cinema/4D同時上映

映画

BiSH presents PCR is PAiPAi CHiNCHiN ROCK’N’ROLL “楽器を持たないパンクバンド”「BiSH」が挑む、初の主演オムニバス映画。
2023 年をもっての「解散」を発表したBiSHメンバーと、6人の監督たちがタッグを結成し、ドラマ作品からアート作品まで、六人六色で魅せる BiSH の新しい一面を詰め込んだ異色作品が誕生。
彼女たちのまた新しい表現を、そして魂を、劇場で感じてください!

6月10日(金)新宿ピカデリー他全国公開

映画

峠 最後のサムライ この心、今を生きる。
幕末の渦に抗った、知られざる最後のサムライ、河井継之助。
司馬遼太郎が描きたかった“風雲児”、最後の一年。

2022年6月17日(金)

映画

映画『ゆるキャン△』 キャンプ場、作るズラ!
2022年7月1日(金)公開