映画・アニメの世界

映画のある生活ラボ

「映画のある生活ラボ」を設立しました。
映画鑑賞が日々の生活にどのような影響を及ぼしているかを定量・定性的に調査研究し、判明した内容を発信していきます。
松竹が現在まで100年近く映画を製作・配給・興行して来られたのは、お客様が映画を通して活力と喜びを得て、生活の一部として愛してくださったからだと実感しておりますが、統計的なアプローチを行い、映画がもたらしている効果を検証するのは「映画のある生活ラボ」が初めての試みとなります。

取り組み

「映画のある生活ラボ」は今後3ヶ月に1回を目安に、調査レポートを発信します。第1回のテーマは「幸福」への影響で、次回は「教育」の効果について報告する予定です。 幼少期の読書が教育現場において推奨され、その効果を示している事例は多数ありますが、本調査においても小学生の頃に読書習慣があった人は、大人になっても読書を実施し、「教養・知識」「学力」「人間関係」が身についていることが確認できました。
同様のことが映画鑑賞にも当てはまり、小学生の頃に映画鑑賞の習慣があった人は、大人になっても映画館に映画鑑賞に行く習慣を継続し、「教養・知識」「学力」「人間関係」が身についていました。
次回のレポートでは「教育」に関する調査結果を発信したいと考えております。

研究パートナーを募集しています

「映画のある生活ラボ」は主に「幸せ」「教育」「健康」の観点から、共同研究していただけるパートナーを募集しています。我々の取り組みに興味を持っていただける企業や医療機関、大学、教育機関、研究機関からのご連絡をお待ちしております。

お問い合わせ・連絡先

松竹株式会社 映像統括部 映画のある生活ラボ
Mail:marketing@shochiku.co.jp