歌舞伎・演劇の世界

《喜劇名作劇場》恋ぶみ屋一葉
有頂天作家

お知らせ

※南座における新型コロナウイルス感染症対策はこちらをご覧ください。

みどころ

『有頂天旅館』『有頂天一座』『有頂天団地』に続く渡辺えり・キムラ緑子の大ヒット“有頂天シリーズ”第4弾は、名作「恋ぶみ屋一葉」!!
2年越しにお届けする、恋文が紡ぐ歌あり踊りありの名作喜劇!

【あらすじ】
明治43年、花街で働く女性たちの手紙の代筆業を営んでいる前田奈津(キムラ緑子)と、流行作家の加賀美涼月(渡辺徹)は、若い頃にはともに小説家を目指して切磋琢磨した仲。
その後、奈津は小説家の道を諦めて自称「恋文屋」を生業としているが、人気作家となった涼月とは今でも良き相談相手として交友関係が続いていた。

ある日、片桐清次郎 (長谷川純)をはじめとした弟子たちがいる涼月宅に編集者の田熊哲(宇梶剛士)、谷初子(春本由香)が原稿取りに来ているところへ、新たに弟子入りを志願する羽生草助(影山拓也)が現れる。
草助の書いた文章を読んだ涼月はケチョンケチョンに貶すが、気まぐれに玄関番を命じた。

時を同じくして、奈津のところへ21年前に死んだと思われていた親友の小菊(渡辺えり)が訪ねてくる。
この小菊、昔は芸者として涼月と相思相愛の仲であったが、悲恋の末に他の男へ嫁ぎ、程なくして亡くなったはずであった。死んだと思っていた小菊の登場によって封印しつつあった自分の本当の気持ちを思い出し始める奈津。

またそのころ草助は芸者の桃太郎(大和田美帆)と惹かれあいつつあった。
花魁の此花(瀬戸摩純)ら周りの者は二人を応援していたが、“芸者との恋は修行の妨げになる”と師の涼月に固く禁じられている草助は気が気ではない。
突然の小菊の登場によって思わぬ方向へ動き出した物語。

果たして奈津、涼月、そして小菊たちを待ち受けるのは有頂天な結末なのか……。

キャスト

 
渡辺えり
 
 
キムラ緑子
 
 
大和田美帆
 
影山拓也(IMPACTors/ジャニーズ Jr.)
 
 
春本由香
 
瀬戸摩純
 
 
長谷川純
 
宇梶剛士
 
 
渡辺徹

日程・上演時間

日程 昼の部 夜の部
01月15日( 土 )
11:00-
01月16日( 日 )
11:0015:30
01月17日( 月 )
11:00-
01月18日( 火 )
11:0015:30
01月19日( 水 )
11:00-
01月20日( 木 )
11:0015:30
01月21日( 金 )
--
01月22日( 土 )
11:0015:30
01月23日( 日 )
11:0015:30
01月24日( 月 )
11:00-
01月25日( 火 )
11:0015:30
01月26日( 水 )
11:00-
01月27日( 木 )
11:0015:30
01月28日( 金 )
11:00-

チケット情報

チケットのご購入

インターネットでのご購入

チケットWeb松竹 (24時間受付) Webからのご購入はこちら

お電話でのご購入

チケットホン松竹 10:00-17:00
(年中無休・年末年始除く)
または
チケットぴあ…w.pia.jp/t/minamiza[Pコード507-876]
イープラス… eplus.jp/minamiza
ローソンチケット… l-tike.com/minamiza[Lコード55319]

その他のおすすめ公演

演劇

公演中

少年たち 君にこの歌を

会場新橋演舞場

2021年9月5日(日)~27日(月)

歌舞伎

十月大歌舞伎

会場歌舞伎座

2021年10月2日(土)~27日(水)