歌舞伎・演劇の世界

初春新派公演
一、明日の幸福 
二、神田祭ー新春ご挨拶申し上げますー

みどころ

あらすじ
「明日の幸福」
昭和三十年頃、家庭裁判所の所長松崎寿敏(喜多村緑郎)は内山夫妻の離婚の調停をしていた。夫・信吾(喜多村一郎)からの離婚の申し立てに妻・愛子(瀬戸摩純)が異議を申し立てての調停だった。寿敏は夫の側に何かがあると感じていた。
 寿敏の父、寿一郎(田口守)は政界の大物で、寿敏の息子、寿雄(栗山航)を含め、三世代が大邸宅の一つ屋根の下で暮らしていたが、松崎家の権力は全て寿一郎が握っている状態。寿一郎の妻、淑子(水谷八重子)も寿敏の妻・恵子(波乃久里子)も、寿雄の新妻、富美子(春本由香)も寿一郎には腫れ物にさわるように接していた。
 その寿一郎に次の組閣で、入閣の話が持ち上がっている事をある政党員が報告にやって来る。寿一郎は、推してくれた党の実力者に大切な家宝の馬のハニワを送ろうと思い立ち、嫁の恵子に倉まで取りにやらせる。しかし、恵子はひょんなことから躓いてハニワの箱を落としてしまい、慌てて中をあけてみると、馬の足が折れているのを見て動揺してしまう。
 一ヵ月後、家庭裁判所の調停室では、信吾が妻とは別れたくない。実は母親が強要しているのだと告白する。寿敏が感じたとおりであったのだ。
 一方、松崎家では寿敏のところに考古学者がハニワを見たがっており、これから見せてくれないかと電話がかかってきた。快諾した寿敏に恵子は観念し、ハニワのことを打ち明けようと決心したが、その考古学者が怪我をして行かれなくなったとの電話が入る。
 恵子に代わって今度は富美子がハニワを倉にしまうことになったが、突然帰ってきた寿雄の声に驚き、富美子も箱を落としてしまった。富美子は箱の中を覗き込み、馬のハニワの足が折れていることに気づき、愕然とした・・・・。

「神田祭」
江戸の三大祭の一つで、「天下祭」として知られる神田祭の祭礼の様子を清元の舞踊にした一幕です。
江戸の風情が残る粋でいなせな鳶頭と芸者が登場し、祭の様子を踊って見せたり、色模様を見せたりと、情緒たっぷりの華やかな舞踊です。
神田明神の氏子、日本橋三越というゆかりの劇場にて、お楽しみください!

スタッフ

 
「明日の幸福」
 
作:中野實
 
演出:成瀬芳一

キャスト

日程・上演時間

日程 昼の部 夜の部
01月02日( 木 )
13:00-
01月03日( 金 )
11:0015:00
01月04日( 土 )
11:0015:00
01月05日( 日 )
13:00-
01月06日( 月 )
11:0015:00
01月07日( 火 )
11:00★-
01月08日( 水 )
11:0015:00
01月09日( 木 )
11:0015:00
01月10日( 金 )
11:00★-
01月11日( 土 )
11:0015:00
01月12日( 日 )
11:0015:00
01月13日( 月 )
13:00-
01月14日( 火 )
11:00-
01月15日( 水 )
11:0015:00
01月16日( 木 )
11:0015:00
01月17日( 金 )
11:00-
01月18日( 土 )
11:0015:00
01月19日( 日 )
11:0015:00
01月20日( 月 )
11:00-
★公演終了後、7日喜多村緑郎・河合雪之丞・田口守・栗山航
       10日水谷八重子・波乃久里子・春本由香・瀬戸摩純のアフタートークショーがございます。

チケット情報

チケットのご購入

インターネットでのご購入

チケットWeb松竹 (24時間受付) Webからのご購入はこちら

お電話でのご購入

チケットホン松竹 10:00-18:00
(年中無休・年末年始除く)
または

その他のおすすめ公演

歌舞伎

公演中

新版オグリ

会場新橋演舞場

2019年10月6日(日)~11月25日(月)

歌舞伎

公演中

吉例顔見世大歌舞伎

会場歌舞伎座

2019年11月1日(金)~25日(月)

演劇

公演中

虎者
ーNINJAPANー

会場演劇(巡業)

2019年11月2日(土)~30日(土)

演劇

公演中

松竹新喜劇 錦秋特別公演

会場大阪松竹座

2019年11月13日(水)~24日(日)