歌舞伎・演劇の世界

前進座初春特別公演

みどころ

演目
〇『息子』小山内薫=作、川名あき=演出
この作品は、小山内薫がイギリスのハロルド・チャピン作「父を探すオーガスタス」を翻案したもの。初演は1923(大正12年)年六代目尾上菊五郎の金次郎、四代目尾上松助の火の番、十三代目守田勘弥の捕吏。その後も繰り返し上演されてきた、歌舞伎・近代劇の双方の性格をもつ珍しい戯曲。
幕末の江戸、十二月の夜半過ぎ。さかんに降る雪に一面覆われている。ぽつんと火の番小屋 があり、火の番の老爺(矢之輔)がいる。捕吏(藤井・新村Wキャスト)がやって来て、ひとしきり老爺をからかってまた探索に出てゆく。老爺には九年前に上方へ出て行った息子がいる。捕吏と入れ替わりに金次郎(臣弥・有之祐Wキャスト)がやって来る。寒さに難渋しているらしいのを見て老爺は火にあたるようすすめる。その男の年格好は息子と似ているが、素性は良くなさそうである。暖かな火をはさんで、二人の会話が進む。そこへ先ほどの捕吏が入って来る。金次郎は出て行き、捕吏が後を追う。遠く近く呼子が聞こえる。捕吏を振り切って逃げる金次郎。
親の気持ち、子の気持ち、淡々と交わす会話の妙。静けさのなかに心が張り詰める、小山の名作です。

〇狂言舞踊『茶壷』岡村柿江=作、坂東三津之丞=振付
岡村柿紅が狂言『茶壷』をもとに書き下 した舞踊劇。2010年アメリカ公演では観客が爆笑のるつぼ、大好評を博しました。
田舎者麻信六(芳三郎)は、栂尾で買い求めた茶の入った茶壷を背負ったまま、ほろ酔い機嫌でちょっとうたた寝。そこへ現れた盗人の熊鷹太郎(宏太郎)は、茶壷の背負い紐に手を 通して麻信六の隣にゴロリ。二人が「自分の茶壷」と主張するので、騒ぎを聞き駆け付けた、もめ事解決役の目代(栄之丞・渡会Wキャスト)が茶について質問するが、熊鷹が麻信六の答えを盗み聞きして同じ答え。二人に茶のいわれを連れ舞いしろと命じるが、やはり熊鷹が麻佑六の舞を盗み見て真似するのでらちが明かず、とうとう熊鷹が茶壷を奪い取って逃げていきます。熊鷹が麻信六を真似て半問ずつ遅れて踊るところは、絶妙なコンビネーションで、たっぷりご堪能いただけます。

※1日3回公演
※上演時間 約1時間45分(休憩時間20分含む)

日程・上演時間

日程  午前の部 午後の部 夜の部
1月9日(土) 11:00 14:00 17:00
1月10日(日) 11:00 貸切 貸切
1月11日(月・祝) 11:00 貸切 貸切
1月12日(火) 11:00 14:00 -
1月13日(水) 11:00 貸切 貸切
1月14日(木) 11:00 14:00 17:00
1月15日(金) 11:00 14:00 17:00

チケット情報

チケットのご購入

インターネットでのご購入

チケットWeb松竹 (24時間受付) Webからのご購入はこちら

お電話でのご購入

チケットホン松竹 10:00-17:00
(年中無休・年末年始除く)
または

その他のおすすめ公演

歌舞伎

公演中

十二月大歌舞伎

会場歌舞伎座

2020年12月1日(火)~26日(土)

歌舞伎

公演中

京の年中行事
當る丑歳
吉例顔見世興行 東西合同大歌舞伎

会場南座

12月5日(土)~12月19日(土)休演:11日(金)

演劇

新派朗読劇場
一、遊女夕霧 二、七つの顔の銀次

会場新橋演舞場

2020年12月12日(土)午後4時30分開演