歌舞伎・演劇の世界

桂米朝五年祭 喜劇 なにわ夫婦八景 米朝・絹子とおもろい弟子たち

みどころ

2015年3月、惜しまれながらもこの世を去った上方落語の巨星・桂米朝。翌年の2016年2月、大阪松竹座では米朝の代表演目のひとつ『地獄八景亡者戯』を舞台作品として上演し、好評を博しました。
そしてこのたび、米朝の五年祭を前に、米朝とともに数々の弟子を育てあげた絹子夫人の人生模様を描いた「なにわ華がたり」(廓正子著)を基に、堤泰之の脚本・演出により、桂米朝・絹子夫婦の人生行路を舞台として上演いたします!
大店の跡取り娘が周囲の反対を押し切ってOSSK(大阪松竹少女歌劇団)に入団し、“駒ひかる”の名で一世を風靡した華やかな時代から、戦中戦後の混乱期を生き抜き、当時無名落語家であった桂米朝と出会い、人生をともに歩むまで……
今や上方落語を語る上で欠かせない桂米朝を陰日向となり支え続けた絹子夫人の人生から、これまでに明かされることのなかった米朝の素顔や、息子であり弟子である現・米團治をはじめ、個性豊かな弟子たちとの波瀾万丈ながらも温かな共同生活を描きます。
昭和の芸能界の変遷とともに歩んだ、米朝・絹子夫妻。桂米朝のアナザーストーリーともいえる、注目の舞台にご期待ください!

スタッフ

キャスト

中川絹子(桂米朝の妻)真琴つばさ
桂米朝筧  利夫
中川明(桂小米朝、後の五代目米團治)内  博貴
海乃くじら(漫才師)池乃めだか
海乃いるか(漫才師)西川 忠志
桂朝丸(後の桂ざこば)今野 浩喜
正岡容(米朝の師)野田 晋市
勝浦千浪(OSKのスター)桜花昇ぼる
三津谷武夫曽我廼家文童
桑田末子(絹子の母)三林京子
四代目桂米團治(米朝の師匠)桂ざこば
 
(順不動)

日程・上演時間

日程 昼の部 夜の部
02月01日( 土 )
11:00-
02月02日( 日 )
11:0015:30
02月03日( 月 )
11:0015:30
02月04日( 火 )
11:00-
02月05日( 水 )
11:0015:30
02月06日( 木 )
11:0015:30
02月07日( 金 )
11:00-
02月08日( 土 )
11:0015:30
02月09日( 日 )
11:0015:30
02月10日( 月 )
11:00-
02月11日( 火 )
11:0015:30
02月12日( 水 )
11:00-
02月13日( 木 )
11:00(貸切)15:30
02月14日( 金 )
11:00(貸切)-
02月15日( 土 )
11:0015:30
02月16日( 日 )
11:0015:30

チケット情報

チケットのご購入

インターネットでのご購入

チケットWeb松竹 (24時間受付) Webからのご購入はこちら

お電話でのご購入

チケットホン松竹 10:00-18:00
(年中無休・年末年始除く)
または

その他のおすすめ公演

歌舞伎

公演中

南座新開場一周年記念
京の年中行事
當る子歳
吉例顔見世興行 東西合同大歌舞伎

会場南座

2019年11月30日(土)~12月26日(木)

歌舞伎

公演中

十二月大歌舞伎

会場歌舞伎座

2019年12月2日(月)~26日(木)

歌舞伎

公演中

新作歌舞伎
風の谷のナウシカ

会場新橋演舞場

2019年12月6日(金)〜25日(水)

演劇

大阪環状線
〜君の歌声が聴きたくて1985〜
天王寺駅編

会場大阪松竹座

2019年12月13日(金)〜25日(水)